南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●ツアー・ダウン・アンダー

・RSNT

シーズン初戦は、堅実な結果、といったところか。
総合3位・6位、チーム総合1位、は110点くらい。でもステージ勝利は挙げられなかった分がマイナス。

辛辣な評価を言えば、「2位・3位を量産して、ポイントは稼ぐが、重要なレースで1勝も得られなかった昨年のLTの流れのまま」。
第4ステージのスプリントを僅差で負けたベンナーティに、「初勝利は遠くない」とブリュイネールが書いたが、昨年も、チームマネージメントは、同じ科白を1ヵ月以上言い続けた。
1勝目は、3月に入ってからである。そして、挙げたのは、多額のギャラを貰うエースたちではなく、アシストの1人であったクレンメだった。

昨年からこのチームを見てきた人間は、そのことを覚えている。
できれば今季は、同じことの繰り返しにならぬことを願っている。が、仮に繰り返しても、深刻に受け取ることはない。選手たちの利害が、必ずしもチームのそれと一致はしないことを、今の私は知っているので。

・チームの仕事ぶり
3位を獲ったマシャドが、チームのおかげと謝意を述べているが、ルールストンのブログを読むと状況が想像できる。
第5ステージ、チームの面々が牽きまくった強風の平坦区間では、マシャドはプロトンで前のポジションをキープできず下がってしまう。ルールストンはその都度迎えにいってエースを引き上げた、のだそうだ。

・バケランツ
バケランツは、ヘルマンスに代わって急遽参加したので、準備をしておらず、本人もチームもリザルトを期待していなかったと思う。チームプレビューでも総合を狙うコマとして挙げたのは、ゲルデマンとマシャドである。
だが第5ステージで総合7位に上がった彼は、翌日の最終ステージで、手にしたポジションを失うまいと一計を案じた。
ひとつ。レース前半逃げて、中間スプリントで秒数を稼ぐ。
もうひとつは、「TT用のホイール」をつけるという奇策。
結果に執着した工夫が効を奏し、首尾よくひとつ順位を上げて、6位で終了した。

こういうタイプの選手は、昨年のLTにはいなかった、と思う。
彼は、ブリュイネールが気に入って、契約をした相手だ。外から獲る枠が制限された中で、しがらみが何もなく純粋に自由に選んだ唯一人の選手、といってもいいのではないか。
なるほどね、である。今後に注意を払いたい。

・ビデオ
RTLが、各ステージ約26分のハイライトを掲載している。多分、J SPORTSが来月放映するバージョン。

●RTL:2011年総集編

Sportextra: Velosaison 2011
RTLは、毎年年初にルクセンブルクの自転車RRの特集番組を放映する。今年もそのつもりで待っていたら、年初に放映されたのはスポーツ全般の総集編で、自転車ではなかった。
制作しないはずがないのに、おかしいな?と思いつつ忘れていたが、上記のビデオアーカイブで、昨年12月17日に放映されたのを見落としていたことを発見した。

なぜそういう日程にしたかといったら、12月18日に«The Road Uphill»のプレミアがあったことと、今年の年初はチームプレゼンテーションを放映したこと、の2つの理由からでは、と推測。

兄弟がスタジオ出演して喋っているが、言葉は判らず、見る価値があるのはビデオ部分。
9:40~14:40、シーズンハイライト
17:28~21:38、合併の件
28:30~32:30、«The Road Uphill»メイキング
36;00~37:00、同上

ほんの少し紹介されている«The Road Uphill»の映像が興味をひく。これはやはり見たい。

●マヨルカにて

・写真(アンディ)
マヨルカキャンプの写真のセレクトの1枚目を見て、Tim de Waeleの本家サイトを見に行った。

・フランクのインタビュー
Frank Schleck : « On va y aller au combat ! » (Cyclism'Actu 1/16)
・今季のターゲットは、アムステル・ゴールド、ツール、世界選。この3つ。
・ツールのメンバーで決まっているのは、モンフォールとクレーデン。残りは後日。

このインタビューは、ブリュイネールと発言のすり合わせはせず、勝手に喋っているような感じがした。昨季の「チームリーダーの立場」をまだ持っているつもりというか。
しかし、TDUがチーム総合1位という喜ばしい結果で終了したのにツイッターで全く触れないことは、そのポジションを失ったと認識したことを意味する、と解釈。
(この解釈が合っているかどうかは、追々確認できるだろう)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1147-7a11f3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。