南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●シクロクロスの放送を見て

今冬、J SPORTSがシクロクロスの放送を始めた。
シクロクロスのレースを、「初めて」最初から最後まで見た自分の感想。
「F1みたい」

これまで、「障害物競走」というイメージを持っていた。自転車を担いで走る写真などのせいである。
が、TV放送から連想したのは、予想外に、「F1」。ちょっと愉快になるギャップ。

F1を連想させた点
・スタートが重要。前に出ないといけない。基本的にラインが1本で、一列になってしまうから。
・競技時間が1時間少しで、最初から最後まで全力疾走。
・「ピット」があり、パンクなどメカトラがあったら、ピットに入ってバイク交換する。
・結果は実力がそのまま出て、上位にくる顔ぶれが決まっている。

観戦側から見ると、「レース」としては、自転車RRより、F1に近い。
そう思ったのは、最初に見たのが、悪路があまりなく、パウエルスが力勝ちした第4戦イゴールであったせいもある。
第3戦を見たら、ゴール前スプリントで勝負が決まっていて、このシーンはRRと同じ。

とはいえ、障害物(F1でいったらコーナー)を設けたコースを周回し、毎周回を見ていると、障害物を越えるときのコース取りが各選手で違うとか、仕掛け所が判るのでそこを注目するとか、「見方」がF1に似ている、のである。RRではしない見方。

選手の顔立ちの話。
第4戦の表彰台を独占したベルギー人たちの顔を見て、ネイスは、ジルベールと同種の顔、アルベルトは、モンフォールと同種の顔、と思った。(実際に出身が同じ系統なのかどうかは知りません。そう見えただけ)

●ツアー・ダウン・アンダー

ルールストンのブログを読んでいる。
文章を書くのが好きな人、らしい。本当に毎日、レース後、書いている。それもけっこうな文章量。ツイッターの短文が苦手な私は大歓迎。

南半球人の彼は、昨年は、今の時期、コンディションがピークだった。だが今季、メインの目標は、3月半ばからパリ・ルーベまでのクラシックで、コンディションをそこに合わせるスケジュールにしているので、今けっこう辛いという。
(ブリュイネールは、彼をファビアンのアシスト要員として採っている)

チームメートに関しては、フォイクトが笑いネタを提供しているそうで、5日間で2回も登場させている。
仲良く過ごしている様子で結構。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1146-46388ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。