南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
Video: Changes for Schleck brothers under new regime (cyclingnews 12/7)
cyclingnewsが、シュレク兄弟とブリュイネールのインタビュービデオを連日アップしている。
Les Schleck montent dans les tours (Le Quotidien 12/7)
<フランス語→英語>を末尾に。

・レーススケジュール
これまでのようにツールまでの半期分を確定して発表はせず、現在決めてあるのは2月まで(1月に、3・4月分も決めるだろう)、という。
決定分も、昨年とは異なる。シーズンスタートは、アンディは Tour of Oman、フランクは Ruta del Sol。一緒に走るのは Paris-Nice。

アンディにジロを推奨する意見が世間で喧しいが、先の予定は流動的という公式発言で、ダイレクトな返答を避けている模様。
この件では、フグルサングが、ジロのキャプテンを約束されている旨をずっと喋ってきたことにプレスが言及しないのが自分には不思議。暫くすれば、彼のサイドから話が出てくるだろう。

ベルギーのHet Nieuwsbladが、キャンプに関して複数本、記事を掲載している。
Bruyneel: 'Met geduld probeer ik de Schlecks te overtuigen' (12/7)
見出しの直訳「辛抱強く、シュレク兄弟を説得する」
シュレク兄弟はいない場で取った、とみなせる発言内容。
「アンディを納得させなければならない」という科白もある。なにもかも変えることはできないことは承知だが、「こうすべき」と思うやり方に「変える」ことを目指して頑張る意気込みを、この記事は取り上げている。

Cancellara ziek in bed tijdens mediadag RadioShack-Nissan-Trek(12/6)
ファビアンが風邪をひいた件は、他の記事で読んだが、ここには、こういう話が書かれている。
火曜日のプレスデー(記者たちを招待したメディア対応日)に、選手たちがプレスと話をしたが、カンチェラーラだけは欠席した。彼は、月曜の夜に熱を出し、寝込んでしまった。2日後には復帰できるだろう。

これを読んで、妙な思いつきが「ふっ」と湧いた。
発熱でトレーニングを休むのは判る。でも、記者たちの前に出て来なかった?
椅子に座って喋るのも難儀なほど具体悪かったと?
・・出たくなかったのかしらん。

杞憂であればいいのだが。・・同じ文章を、スパでのミーティングのときも書いたぞ。(やれやれ。そんなことがあったわねと笑う日が来ることを願う)

Éischte gemeinsamen Training am Team RadioShack Nissan Trek(RTL 12/8)
トレーニング中の映像付。
Bruyneel : "La force de notre équipe, le collectif" (Cyclism'Actu 12/8)

・7日付けチーム公式サイトは、両方とも同じ話題(シュレク兄弟のバイクの調整)。

・以前の記事
キュラソーでのsporzaの兄弟インタビュー、真面目な内容部分


Les Schleck montent dans les tours (Le Quotidien 12/7)
<フランス語→英語>
THE STAGE
Andy Schleck: "It's good to ride together so far from the beginning of the season to find the Continental team riders, to ride and talk. This soda a team. We will be ready for the general course in January when it will become more serious. "
Frank Schleck: "Last year we were in Crans-Montana. It changes. We can ride in the sun, it's great. This is different from last year and is better. We take the bike with a good feeling. We discuss with our new teammates, it's nice. "

TEAM 2012
F. S. "There are two successful teams, there will be much louder. The arrival of RadioShack strengthens us. With, for example, Klöden, Irizar, that makes more runners. This will establish a number of strategies. "
A. S. "We have the best manager! (Andy turns to Johan Bruyneel, laughing ...). His experience is valuable, everybody knows the past and its success. "
F. S. "We are on track ..."

TRAINING
SPECIFIC
F. S. "To make progress in the times, we must work differently. And focus on it. In addition to specific training, which continues to (Editor's note: Andy Schleck, on the advice of Johan Bruyneel has done in recent weeks work fixed gear for training), is a matter of mind and work . "
A. S. "We continue to work the position on the bike, I will never be a great roller but it works. Currently we perform tests on the position, as here in training. "

IF CONTADOR
A. S. "My opinion has not changed. If Contador is not my case, scientists must decide. For me, it must be black or white. There are rules to be applied in the opinion of scientists. "

Their place of honor in 2011
F. S. "At Liege-Bastogne-Liege, Philippe Gilbert, as in all Ardennes classics was the best. We do not know what would have happened on the Amstel, where I crashed with Fabian (Cancellara). And on the Tour, Cadel Evans was the best. There is nothing wrong with that. Gilbert has been a fantastic season. "
A. S. "Liège is not a disappointment, the strongest wins. The ribs are long. "
F. S. "You can repeat the race again plan attacks. We tried, but Gilbert could anticipate our plans was the strongest, that's all. Sometimes last season we lost races for little, details. Take Fabian (Cancellara), which was very strong in the Tour of Flanders. You need to have a great day, not having bad luck. "

AROUND 2012
A. S. "It is the goal of the season, the number one goal. My season is designed based on the Tour. "
F. S. "Of course we are ambitious."
A. S. "We will make the awards on time."

THE WORLD
F. S. "The journey will be hard because it will look like the Amstel. We'll see how it comes out of the Tour. But the World in Valkenburg, it will be like home. "

OLYMPICS
F. S. "Representing our country is always a great honor, a great happiness."
A. S. "The path of the London Olympics is not super hard but we are good in good distance and we will come out of the Tour. We'll see ... "
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1121-45c1a176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。