南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●2012 roster

2012年のラインナップを(ようやく)正式発表した。
LEOPARD TREK公式サイトと、ブリュイネール公式サイトが、同一文章のリリースを掲載。
(レディオシャック公式サイトは止まったまま)
更新時刻は、ほぼ同一。打ち合わせて、せーの、だった模様。

2つのリリースには、ひとつだけ違いがある。
ブリュイネール公式サイトが、一行多い。
末尾に付加した一行は、
Press Officers: Philippe Maertens & Tim Vanderjeugd

レオパード側のTim Vanderjeugdは切られるのではと思っていたので、ちょっと意外である。
ベッカは、確かにマネージメントをブリュイネールに任せたが、自分の意向を代弁するルートを残すことを主張した、ということだろうか。
彼はブリュイネールと「手を組んだ」が、将来、解消する日が来ることを織り込み済み、というのが、ひとつの解釈。

●ライセンス

リリースの最初の文章で、UCIからワールドツアーライセンスを承認されたことを記している。
UCIが発表して間髪入れずリリースをアップしたと報道されたが、プレスデーを翌日に控えての絶妙のタイミングだった。
ライセンスを取れないことは、当事者もプレスも考えていなかったとしても、正式決定が出ていない状態で、取っていることを前提にした話を公式に交わすのは支障がありそうだった。
内々で話が通っていたのか、そのあたりはみえぬ話だ。UCIとこのチームというかブリュイネールは、うまくいっているわけではなさそうにみえるし。(この類の事情にはまだまだ疎くて読めない)

昨年、4年を得て、残り3年あった期間が2012年単年に縮められた原因は、複数年のライセンスを付与されていたレディオシャックが期間途中で返上してチームをたたみ、こちらに移動したという振舞が一番だろうか。
ひっかかった点が他にもありそうにもみえるが、これだけでも縮める理由には十分だ。

単年であることそれ自体は、実質的に問題にはならないと思う。
UCIは毎年審査をして、問題ありとみなせば、複数年を付与したチームでも今回のように変更する。問題を抱えていなければ、更新はスムーズにできる。
今回更新年に当たり、1年しか認められなかったサクソバンクは、もしコンタドールが有罪になったら、ポイントが激減して、チームヒエラルヒーがやばいという記事が流布している。が、こちらのチームは、複数人でポイントを積み上げているので、1人2人欠けても、ヒエラルヒーの点での問題は生じない。

尚、UCIは、昨年はチームヒエラルヒーの順位を発表したが、今年はしていない。上位15チームを順不同で発表しただけ。
昨年、算定方法が不明瞭だと各所から批判があったせいか、それとも、よもや1位が昨年と同じチームで、でもライセンス交付を保留にしていたので、発表するのは都合があまりよくなかったせいか?
(ポイント計算は各所でやっていて、1位をレディオシャック・ニッサンとした所があった。自分はざっくりみて、BMCでは?と思っていたが不確か)

●リリースの内容

最終文面に至るまでに両者の調整がそれなりにあったんだろうなあ、と感じる。
いろいろあるが、とりあえず一番の話題を。

ファビアンが、"the group of riders for the cobblestone classics"に名を挙げたのが、ワグナー、ポストゥーマ、ルールストン、ラスト。ポポヴィッチの名はない。
爆笑した。笑っていい話ではないのだが、そういう反応になる。
敢えて意味を説明するなら、「そうだよね!を3回くらい連呼する納得」。

「パヴェのレースを全部、カンチェラーラと一緒に出たい」と、あれほど強い意欲を述べたのに(それも、どこかのメディアに喋ったのではなく、発言を掲載したのは、ブリュイネールのサイトである)、公然と戦力外通告。内部でどういう話をしているのかは存じません・・

●ジャージのカラー

「チームキットのデザインとカラーリングをどうするのか」は、ファンとして気になる件。
カラーリングの答の候補のひとつは、今回のリリースで使われたもの。
「白」と「黒」。2チームが昨年使用したもののうち共通する2色。

ライトブルーは、レオパードの色で、赤は、レディオシャックの色だ。
ライトブルーの元は、ルクセンブルク国旗で(と説明を読んだことはないが、そう解釈してよかろう)、兄弟を応援する旗が「ライトブルーと白の横縞の上に赤色のライオン」であることを考えると、赤を足した4色で構成してもOKにも思える。
だが、赤は、ルクスのライオンよりレディオシャックのイメージの方が強そうだから、両方をひっこめることを選んだかもしれない。

そして、バークランツを見て分かるように、この4色だと、今年のオメガファルマ・ロットと同じ。
更に面白いことに、オメガファルマ・クイックステップが、来季のジャージとして、「白ベースに水色と黒」という「今年のレオパードと同じ」カラーリングを採用した発表があった。

●インタビュー記事

It’s back to work for Chris Horner ahead of RadioShack-Nissan-Trek training camp(velonews 12/3)
ホーナーが色々語る。

Andy Schleck begins adventure with Bruyneel and RadioShack (cyclingweekly 12/5)
Schleck: Jeg vil ikke have Tour-sejren (Ekstra Bladet 12/5)
ガゼッタが掲載したアンディのインタビューの一部分を各メディアが引用している。
ガゼッタは元々フィルターが濃い傾向がある。その上に文脈の分からない引用だと本旨を伝えていないケースが少なくないので、3割引くらいで読む。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1119-e2da7d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。