南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
最初の勝利

「僕はキャリアを通して常にアシストだった」

1ヵ月前のブエルタ。
難関山岳で、常にフグルサングの傍にいて、彼に尽すザウグを見て、思った。
「ザウグは、フグルサングより登る力がある。もしも、自由を与えられたら、先にゴールすることができるだろう」

今年初めに、チーム公式サイトの選手紹介のザウグのページに記載された、最後の文章。
「彼は、山岳アシストとしてレオパード・トレックに来る。しかし、今シーズンのレースは300以上ある。彼自身のために走るとき、何ができるかを示すチャンスがきっとあるだろう」

チームは、この言葉を違えなかった。
彼の調子が上がっていることを把握していたアンデルセンは、シーズン最終戦、ジロ・デ・ロンバルディアで、「他の誰かのためではなく、自分自身のためのレースをする」自由を、彼に与えた。

プロ生活8年目での最初の勝利を、伝統のクラシックレースで手に入れるというお伽噺が、現実になった。

最後の勝利

シーズン最終戦は、同時に、「LEOPARD TREKという名のチームが参戦する最後のレース」でもあった。

このチームの1年間を振り返るのは、もう少し先にしよう。
成功とは呼べない。残念なことではあるが。

けれども、最後のレースを勝利し、お祝いの言葉で締めくくれることを、幸せに思う。

物事は、常に変化していく。絶え間なく変わり続ける世界の中で人は生きる。
私の見た夢も、たゆたい流れ、姿を変えていく。
行き着く先が何処かは知れぬが、もうしばらくの間、この夢に付き合おうと思う。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1093-5ea4206d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。