南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●ルクスより

昨日自分が現在までの情報のまとめを作ったら、直後にルクスメディアたちも同じ趣旨の記事を一斉に配信していた。

Bruyneel jagt weitere Top Verstaerkungen (Tageblatt 10/12)
Cyclisme: De plus en plus clair... (Le Quotidien 10/12)

読む価値のあるのはTageblatt。Le Quotidienはパスして可。
Tageblattは、情報源"T"によるもの、として伝える内容が、当初からかなり正しかった。
ラインナップの読みも、多分ここが一番事実に近い、と推測する。

ブリュイネールが目下補強リストに載せている相手としてStijn Devolder (Vacansoleil), Greg van Avermaet (BMC) を挙げている。
事実であることを願いたい。此方は「クラシック班を増強しろ」と延々喚き続けている。
誰を欲しいのどうのと贅沢は言わない、とにかく誰かは獲って、現状よりも戦闘力レベルを上げてくれ。

●国による見出しの違い

ファビアンのツイートを伝える各国メディアの記事の「見出し」の違いが、面白い。
伝える中身は同じなのに、これだけ違う。

Cancellara fährt für das Armstrong-Team 「アームストロング・チームに乗る」・・スイス(Blick)
Cancellara bleibt beim Schleck-Team 「シュレク・チームに留まる」・・ルクス(wort)
Cancellara: "Succesvol zijn met Bruyneel"「ブリュイネールと成功する」・・ベルギー(sporza

Cancellara set to race with to RadioShack-Nissan-Trek team in 2012
velonationのこの見出しが、最も中立的に、「事実」を分かりやすく伝えている。
上記はすべて、「自国というフィルター」を通したもの。

ベルギーは、視点が「ベルギー人のブリュイネール」になる。
また、「3年契約の破棄を考えたことはない。他チームからのオファーも受け取っていない」
と、Blickの報道を否定する発言を掲載している。

●【豆知識】ドイツ人の愛称のパターン

「Kloedi クレーディ」は、クレーデンの愛称である。
ドイツでは、愛称の作り方のひとつに、「ファミリーネームの末尾を"i"にする」というパターンがある。

シューマッハー→シューミ(シューミィ)
クリンスマン→クリンシ(クリンシィ)
ハンナヴァルト→ハニー

一時期、のべつまくなしに「ドイツ人」を贔屓にし、ドイツ国内での報道に関心を持っていたので、「母国での呼び方」を知っていたのだった。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1088-d800052d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)