南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●USA Pro Cycling Challengeとアンディのシーズン残り

私がアンディに関心を持った08年以降、毎年、彼のシーズンは「実質的に」ツールで終了していた。
08年は、フランクのドーピング事件のおかげで、兄と一緒にシーズン終盤の予定をキャンセルした。
ルクセンブルクの連盟の決定が出るまでチームが謹慎処分にしたのはフランクだけで、アンディは無関係だったのだが、チーム公式サイトのレースの予定表に載っていた名が、兄と一緒に全部消え、そのまま表舞台から姿を消した。
シーズン残りのレースを兄弟はすべて2人一緒に出る予定になっていた。彼等はジロ・ディ・ロンバルディアをターゲットにしていて、これがシーズンのラストレースになるはずだった。

09年は、2度目の出場だったツールで大活躍をして、満足かつ消耗したこと(軽度の燃え尽き症候群)と、フランクがブエルタの途中で膝の手術をしてシーズン終了したことで、自分1人残って仕事する気がなくなり、休みに入りたかった、というのが自分の想像。
ブエルタを体調不良でリタイアした後、世界選手権だけ出て終了した。ジャパンカップへの参加が一旦は予定されていたが(ツール最終日、行くと発言)、まとめてキャンセルとあいなった。

翌10年。本人はシーズン最後までやる気が十分あったのを、リースに腰を折られた、と私は解釈している。
ツール終了後、前年同様ふぬけていたが、ブエルタには、「フランクを助けたい」という高いモチベーションを持って参加した。
1週目、コンディションが戻っていなかったが、これは織り込み済みで、徐々に上向いていると感じ、後半の山岳ステージで働く意欲十分でいたら、その前にリースに追い払われる、という憂目にあった。

本人は納得せず相当怒ったようだが、どうしようもなく、その後、やる気を一気になくした。
ジロ・ディ・ロンバルディアの前哨戦及び本戦まで出場したが、集中力が全くなく、出場しただけ、に終わった。
ブエルタ前には、「立つ鳥跡を濁さず」で、シーズン最後までチームのためにきちんと仕事をしたい、ヴァンデヴェルデはそうしたんだ、と語ったのだが。
(これらのレースでは、代わりにフグルサングが活躍し、ポイントを稼いで、サクソバンクにチームランキング1位を置き土産にしたので、それはそれでよかった)

以上、振り返ると、「ツールでシーズンおしまい」というのは「必ずしも」本人が望んだことではなく、「意に反した」事態の結果だった年もあったことが判る。

今年、ブエルタの代わりに参戦したUSA Pro Cycling Challengeでは、昨年のブエルタ同様、コンディションがよくはなかった。
フランクより先に現地入りしていたが、フランクより調子はよくなかった、と思われる。

第1ステージでのフランクの発言は、彼はアンディが自分より苦しんでいたとは気づかず、アタックしろと言い、弟は兄の言葉に従って無理矢理行った、という意味なのだろう。(と解釈したのだが、別の解釈があったら教えて下さい)
無理矢理行ったもののこりゃダメだと悟り、その後、ちんたら走って、めいっぱい遅れ、総合争いに関係ない立場になって、調子が上向きになってきたので、自分に向いた山岳ステージで単発勝負に行く、という時々やるパターンを、第5ステージで実行した。

レースでほとんど何もせず、レースに全く触れずに、手料理をして、みんなに振舞ったんだ、というツイッターを読んだ日には、「・・君は何しにアメリカ来たんじゃ」となっていたが、あれは、「さあ、これから行くぞ」という景気づけだったのか、と後日判った。

それでも「勝てない」のがこの人で、面白い人だよなあ、とつくづく思う。
ほっんとに、勝てない人なのである。「勝つという価値観」に拘る心理の観客には、きっと、見ていて堪えられなくなるに違いない。(5年前までの自分。3年連続ツール2位は史上初と言われて、「それが何?」とにっこり返せる神経はなかった)

Schleck believes USA Pro Cycling Challenge sets him up for a strong end of season(velonation 8/28)
この記事によると、ロンバルディアまでやる気はあるらしい。コンディション次第と保留をつけているが、モチベーションがなくはないようだ。
「まともにレースするシーズン終盤」を、初めて見られるかも?

●噂:レオパードとレディオシャックが合併

レキップが、レオパードとレディオシャックが合併し、ニガードはレオパードを去る、という記事を書いたそうで、デンマーク最強メディアのBTが、確認に走った。(ニガードがデンマーク人のため)
Avis: Nygaard forlader Leopard-Trek
Leopard-Trek: Nygaard bliver her
レオパードのプレスオフィサーTim Vanderjeugdeにコンタクトを取り、否定コメントを引き出す。
ニガード本人と直接のコンタクトは、試みるも取れていない。
紹介記事:Leopard Trek denies merger with RadioShack for 2012

「火が何もない」所の噂ではない。クイックステップとオメガファーマの合併話が出回ったとき、ベッカの名が出ていた。また、ニガードは、あとから加わったお雇いマネージャーで、チームの必須要素ではない。
しかし、現実問題としては、はて。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1044-d9e4f5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)