南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
■自転車ロードレース

見直すと、やはり、「カンチェラーラがアンディからメダルを強奪していった」感。

アンディが飛び出して先頭3人の集団を作って逃げたときは、この3人がメダルで、あとは色を決めるだけ、とルクセンブルクの皆さんはメダルを皮算用したのでは。
後ろから3人が合流してしまい、6人のスプリントになり、結果は、元の先頭3人の中のサンチェスとレベッリンが金銀。
アンディひとりだけがメダルを取り損ない、ふんだくっていったのが、爆走で追いついてきたカンチェラーラ。

カンチェラーラは、一段とファンを増やしたかも。こんなのを見せられたら惚れ直す。
自転車ロードレースは団体戦だ、というが、TTスペシャリストである彼は、純粋に「個人の力」を見せつける。誰の力も借りず、一人猛然とぶっとばしていく姿は、感嘆の対象だ。
ツールのJスポの放送内で、練習でもオーラを出して走っている、と誰かがいっていた。TTは彼が優勝候補筆頭で、自分も期待していたのに、意外にも2回ともシューマッハーに取られてしまった。明日のTTでその雪辱を果たせるか?(・・今回、彼の本業というか狙いはTTで、ロードは二の次だったはず)

さて、ルクセンブルクの皆さんにとっては、「逃がした魚は大きかった」かと。
小国なのは知っているが、改めて確認すれば、人口46万、面積は神奈川県程度。
46万というと、うちの区より少し多い程度である。

今回のルクセンブルクのオリンピック選手団。これで全部、らしい。
過去、夏季五輪でのメダル獲得数はトータルで2個で、今回取れていたら、「56年ぶりの3個目」になっていた。そりゃ惜しいことをした。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/101-4c805868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。