南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category : 
tag : 
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ダニエル・カーネマン 村井章子

早川書房 2014-06-20
売り上げランキング : 425

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

放送大学の「認知心理学」「錯覚の科学」の講義を視聴後、参考文献にとりかかった。

面白いのなんの。
絵に描いたような「一次文献に当たるのは必須です」。

何らかの情報に接したとき、ぱっと頭に浮かんだ感情や考え(=直感)の中に「間違い」は多く、時間をかけて材料を集めて検討すると、最初の判断を翻すことは普通にある。
改めて指摘されなくても経験則で知っている。

だから、例えば私はインターネットで情報・発言を読んだとき、即座に反応を書き込むことはしない。

とりわけ「感情的な反応」はNGで、「一晩おいて頭を冷やす」のが鉄則。
これは、自分がパソコン通信からインターネットへ移行した頃(1996~7年頃)、「インターネットのルールやマナーのひとつ」として流布していて、納得して採用してきた。

と、多少判っていたつもりでいたが、本書を読み、「直感」のエラーっぷりの凄まじさ、それに気づかぬ自信過剰の凄まじさ、自分もこれから逃れてはいないという現実を悟って茫然自失、頭を抱える。

そうなのだ。じっくり考えるのは疲れる。
できれば考えずに済ませたい。楽な方に逃げる。

人間はそういうものなんだから、別にいいじゃん、と開き直ってすませる手もある。
しかし、本書を読んだ以上、読む前には戻れない。

考えるのは疲れるし、自分の愚かさや傲慢さや下劣さを認めるのもしんどいが、できる範囲の努力をしてみよう。

*読んだのはまだ上巻のみ、下巻はこれから。
上巻の内容 : 思考の二つのシステム、ヒューリスティクスとバイアス、自信過剰
下巻の内容 : プロスペクト理論、フレーミング効果 等

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。