南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  社会
tag : 
この先、元号を、社会で日常的に使用するのは止めてほしい。

「制定すること」に対して反対はしない。
伝統ある文化であるという意見に反駁してやるという元気はない。

ちなみに、元号法の条文は以下。これだけしか書いてない。

  ◎元号法

1 元号は、政令で定める。
2 元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。
   附 則
1 この法律は、公布の日から施行する。
2 昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。


もし、日本国民の大半が「使用を希望する」のであれば、仕方ないので引き下がるが、その場合はせめて、次の切り替えは、2021年にしていただきたい

2021年なら、西暦への換算の負担が、その前後よりはましになる。

「新元号年+2020=西暦年」でOK。

昭和→西暦は、「+1925」
平成→西暦は、「+1988」

政府が2019年(平成30年)での改元を検討しているとの記事が出たが、勘弁してほしい。

2019年では、次の元号の西暦換算は「+2018」。
キリが悪い。

異なる元号間の期間の計算をする必要があるときの暗算が面倒なことおびただしい。

社会を動かす担い手の働き盛りの年代の人々は、「元号の不便さは些細なことで、無視できるもの」とみなすだろう。
知的能力がピークにある彼等自身は、さしたる不便を感じないから、そうなる。

彼等は、「老化がもたらす知的能力の低下」を、考慮していない。

60歳を過ぎる頃から、人の認知機能は「全体として」低下していく。
個体差はある。だが、「全体の傾向」として低下していくことに疑いを差し挟む余地はない。

若い人にとっては「たかが元号の換算」でも、年寄りには違う。
間違う。


ここに、一枚の古い賃貸借契約書がある。

第二条 賃貸借の期間は平成元年弐月壱日から平成参拾年壱月参拾壱日までの参拾年間とします。


この条文を一読し、問題点を指摘できた方、手を挙げてください。

この契約の対応の役目を負った私は、数人に読ませて試してみたが、一読して気づいた人はゼロだった。
私自身は一目で「なんだこれは」と舌打ちしたが、そういう人間が多数ではないのが現実なのである。


これから日本の社会は、超高齢化が進行していく。
昭和生まれで、3つの元号を生きてきた人々が大量に生き残っている社会になる。

私は、自分もその1人で、時間の経過と共に認知機能が徐々に低下し、正しい判断をすることができなくなっていく未来を、ありありと思い描いている。

今は間違えないことを、「間違える」ようになる。否応無しに。



*賃貸借契約書の間違い*

平成元年から30年間なら、平成30年ではなく平成31年までである。
「元年」は「1年」だが、「1」の数字が現れないため、「ゼロ年」という勘違いを起こし、30年後は平成30年と間違えた、と推測するのが妥当ではないか。

「元号でなく西暦を使用していれば」発生していないミスとみなしてよかろう。

西暦なら単純に30足せばいいだけで、間違いようがあるまい。

スポンサーサイト