南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  その他
tag : 
40年ぶりの「ポーの一族」の新作が掲載されたフラワーズ7月号をようやく入手した。
RIMG0042-01.jpg

漫画というものをこの20年読んでいない私のようなオールドファンが、情報を知って慌てて書店へ走ったくらいだから、売り切れ続出は当然。
出遅れてみつからず、重版も入手できず、単行本が出るのを待つか、デジタル版を買うか暫く迷ったが、雑誌を手にとりたい欲望がくすぶり続けたので手配することに。

冒頭の数ページは違和感があったが、進むにつれて感じなくなり、終わり近くでは完全に引き込まれていた。

私の知っているエドガーだ。

物語の舞台は、1944年。第二次大戦中のイギリス。
エドガーが出会うのは、ドイツから逃れてきたユダヤ人の少女。

「グレンスミスの日記」(1972年)では、イギリスからドイツへ渡ったイギリス女性を描いた。
今度は逆。

44年前の物語に登場したのは、2度の戦争に翻弄されるドイツで、運命をただ耐え忍ぶ人物像だった。
今回は、黙って耐えるのではなく、「怒っている」キャラクターを描いた。

「あたし 今の世界中を怒っているの!
こんな世界 大っきらい!」

「グレンスミスの日記」では、辛く苦しい現実の中で、「争いもなく 貧しさもなく 絶望もなく」、死の恐怖からも解放されて、永遠の命を生きる一族へのあこがれを、かなわぬ夢として、登場人物に語らせた。

67才になった萩尾望都は、少女に何を語らせるだろう。
物語の後編の掲載は冬だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

少女漫画には、長い間、夢中になった。

最も入れ込んだのは、LaLaとプチフラワーを毎月買っていた頃。
LaLaが月刊化した最初の1年間、萩尾望都が表紙を担当したことを覚えている。
購読したのは、1979年から「日出処の天子」(山岸涼子)の連載終了号まで。
プチフラワーは、「訪問者」(萩尾望都)が掲載された創刊号(1980年)から、「メッシュ」(萩尾望都)が掲載された頃までだと思う。
(フラワーズは、プチフラワーの後継の雑誌と今回知った)

「ポーの一族」は、私にとってNO.1の少女漫画作品だった。
少女コミック連載時には間に合わず、読んだのは単行本。
今も手元にある。

RIMG0043-01.jpg


大半の漫画は捨てたが、本当に好きだった幾つかは残した。
今回の新作発表のニュースで、久しぶりに書棚から取り出しページを開くと、あっというまに虜になった。
強烈な魅力が、時を超えて、蘇る。

自分にとって、萩尾望都は、当時から、お気に入りの作家たちの中でも「別格」の存在だった。
が、今回、山岸涼子や竹宮恵子といった同時代の作家の発言を読み、今更ながら、彼女の天才ぶりを知った。

山岸涼子は、打ちのめされるのが怖くて、「ポーの一族」を最近まで読まなかった、と言う。(フラワーズ掲載の対談内の発言)
私からみれば、山岸涼子も充分「異才」だったから、これには驚いた。
(もっとも、私の知る山岸涼子は「日出処の天子」で、若い頃の作品は読んでいない)
竹宮恵子が萩尾望都に対して抱いていた感情についても、今の今までついぞ知らなかった。

時間が経ったから語れる話もある。
自分も、熱に浮かされた時代は、遠い過去だ。
今、穏やかな気持ちで振返ってみるのも悪くない。

スポンサーサイト
Category :  社会
tag : 
「皇太子ご一家、奈良の神武天皇陵を参拝」という記事の見出しを見て、「神武天皇陵?実在しない人物なのに陵があるのか?奈良のどこだろう。記憶にない」

続いて記事の中の「今年は初代天皇とされる神武天皇の没後2600年にあたる」に、啞然となった。

瞬時に浮かんだのは、「き~げんは、にせ~んろっぴゃくねん、あ~あ、い~ちおくの~むね~はなる~」のメロディー

2600年は、戦時中の話では。
なんで今頃こんな話が。

あ、あれは即位の年からのカウントで、今度は没後か。
いや、ちょっと待て。70年以上経っているぞ。
何歳で即位して何歳で死んだことになっているんだ。

ま、いいや。
それより神武天皇陵の場所は?

調べると、「橿原神宮の北隣」だった。

ああ。そうか。
橿原神宮は、神武天皇を祀る神社だ。
合点がいった。



橿原神宮。
この固有名詞は、「母が忌み嫌っていたもの」として、私の記憶に刻まれている。

母は、古代史や古典が趣味で、古事記や日本書紀や万葉集の講義を聴きにカルチャーセンターに通う人だった。
旅行が好きで、奈良や京都の史跡や神社仏閣に足しげく通った。

けれども、橿原神宮には決して行かなかった。
奈良は古代史の舞台だから、母が最も好み、それこそしらみつぶしにしていたのに。

「友達には笑われるけれど、どうしても嫌なのよ」

母は、昭和初期の軍国教育を受けて育った。
八月十五日に、重大放送があると聞いたとき、「これから本土決戦という放送だな。よし、一層気を引き締めて頑張ろう」と思ったそうだ。

敗戦後、何が悔しかったといって、「嘘を教えられた」ことが、一番悔しかった。
そう言っていた。

国の指導者たちは、国民に、自分たちにとって都合のよいことだけ知らせ、都合の悪いことは知らせなかった。
情報を隠蔽し、統制して、真実を国民の目から遠ざけた。

指導者に疑いを持たず、彼らの命令に従って過ごしていたら、生活の質が徐々に損なわれてゆき、ついには破滅的な状態に陥った。
為政者たちが退き、別の為政者に代わったとき、初めて、真実を知った。

戦前、実在したとされた神武天皇は、戦後、実在が否定された。

橿原神宮は、母にとって、戦前の日本社会の「虚偽の象徴」だったのだろう。



母は、もしもできることなら、戦後に生まれたかっただろう。
母の時代、「女は」、上の学校にいかせてもらえなかった。
弟たちは、みな行かせてもらえたが、自分は行かせてもらえなかった。

女は、教育を受けさせなくてよい。
女は、男に従っていればよい。
いや、違う。
女は男に従え。

「それが普通」の時代だった。

変わったのは、国が戦争に負けて、アメリカ人たちがやってきたときだった。



母の無念を思い起こすとき、私は、自分の時代の教育に感謝をする。

国の指導者たちは、「国のため」の名のもとに、民に犠牲を強い、民を死に至らしめる。
その過去を、決して忘れてはならない。

そう教えてくれたのは、戦後の教育だ。

現在の政権とそれに組する人間の多数が、「歪んだ戦後教育」という言葉を用いて貶める。
私の見方は正反対だ。
戦前の教育を恨み、戦後の教育を羨んだ母が、一番の根拠である。



尚、私も橿原神宮には行ったことがない。

理由は、創建が明治時代と非常に新しく、見応えのある歴史的な建造物等が何もなかったため。

現在の歴史学で認められた古代の史跡や文化財しか興味をひかれなかったので、結果として旅行プランに入らなかった。

Category :  社会
tag : 
参院選の情勢報道をみると、改憲勢力が3分の2をとりそうだ。
確定ではないが、自民党側が猛烈なラストスパートをかけているので希望的観測を持たない方がよかろう。

つまり、憲法改正が現実のものになる。

・・・・

いやーー
日本国憲法がワイマール憲法の轍を踏むのを、自分の目が黒いうちに見ることになるとは思わなかった。


タイムスリップして、大学生のときの自分の前に現れて、現状を伝えたら、「うそだ、ありえない!」という反応が返ってくるだろうな。


・・・・・・

これが、「時が経つということ」なのだ。

勝算のない総力戦をやって、多数の国民を死に向かわせ、国土を焼け野原にした挙句に負けてから、70年経つ。

70年経つと、社会を構成する人の多くが入れ替わる。
70年前の大人は、ほとんど死に絶えて、もういない。

歴史を読むと、人類は悲惨な経験を繰り返してきたことが判る。
なぜ、失敗を教訓にできないのか。
同じ愚行を繰り返すのか。

答えは簡単だ。
人が「入れ替わる」からだ。

ひどい経験をした当事者は、もういやだと懲りる。
日本でいえば私の親の世代がそうだ。
国の指導者たちは、日本は強い、勝つ、とガンガン戦争を進め、彼らの言うことを鵜呑みにして従ったら、とんでもない結末になった。

指導者たちが国民に嘘をつき、事実を隠してきたことを、戦争に負けたあとに、初めて知った。

権力者を信用したらダメだ。

だが、彼らの次の世代は、「失敗」を自分で経験していない。
前の世代がした学習は、世代を越えて引き継がれない。

一部の人は、次代に引き継ぐ努力、受け継ぐ努力をする。
しかし一部にすぎず、過去の記憶はどんどん消え去っていく。

だから、同じ愚行を繰り返すのだ。

教訓は、一世代分の時間しか持続しない。
人一人の寿命の長さが精一杯、ということだ。


・・・・・・・・

いま、日本の有権者のほとんどは、自民党の改憲草案を読んでおるまい。

読んだとしても、意味を理解できる人は一部だろう。

憲法が変わることが、どのような意味を持つか。
これは、一定レベルの教育・知的訓練を受けないと理解できない。

「法律」の意味を理解する能力は、日常生活の中で得られるものではない。
私は、高校では全く得なかった。高校までと大学とでは教育の次元が全く別だ。

それを判っているので、自分の周りにいる「興味ないから投票にいかない」という人を説得することに空しさを感じる。

「わかりやすく」した説明は、やるべき「本質的な思考」から外れてしまう。

「考えることが苦手な人」は、存在する。それが現実だ。
走るのが遅い人がいるのと同じこと。

「本を読む習慣がなく、物事を深く考えることは苦手で、読売新聞を購読し、フジテレビを見る」人に、どう話をすればいいのか。

・・・・・・・

投票に行かないのは、態度保留じゃなくて、今の政権に対して白紙委任するのと同じなの。
このままだと安倍政権が勝つのね。
そうすると、「国民の信任を得ました。私のやりたいことをやります」となる。

するとどうなるかといったら、これから、社会保障がどんどん削られるよ。

あなたは、いざとなったら生活保護を受けられると思ってるだろうけど、これから年寄りと貧乏人がガンガンふえて、福祉の予算がきつくなる。
そしたら、今のように、簡単に金をくれなくなるよ。

ここで、憲法改正の話ね。
「家族は互いに助け合わなければならない」という条文を新たに入れたい、と自民党は言ってるの。

その条文のどこがおかしいの、家族は助け合うのが当たり前じゃないの、て?

あのね。今は、憲法にそういう規定はないから、困窮したら、役所がお金を支給してくれるの。
福祉というのは、憲法に規定された根本的な理念に基づいて、制度が作られて、行われるものなのよ。

家族は互いに助け合わねばならないという改正が通ったら、「困ったときは、まず家族が面倒みろ。家族がいるなら、(今までのように)役所に助けを求めに来るな」という流れになるわよ。

先日NHKが介護殺人のドキュメンタリーで、認知症の母親の介護に疲れて殺してしまった息子が、「家族だから」自分が介護を背負わなければならなかった、と返答するシーンを使ったんだけど、こういうふうに追い詰められる事例を増やすことになるでしょうね。

「お金をたくさん持ってる人」は、一向に平気よ。
金を積めば入れる介護施設はいくらでもあるから。

今の自民党の権力を握っている人たちは、今の憲法は、国民に権利を与えすぎている、基本的人権なんかいらん、こんな権利が国をダメにした、と主張する人たちなんだよね。

正直に言えば、この「基本的人権の否定」の思想が、国防軍を持とうという主張よりももっとヤバい、と私は思ってる。

いま、貧乏人が急速に増えてるのよ。
私達の親の世代は、中流が多数だったけど、その子の世代は、どんどん中流から転げ落ちてる。
うちの一族が、そのまんまでしょ。

今の政権は、少しの金持ちと大量の貧乏人を作る政策をとっていて、貧乏になるのは自己責任、という考え方なの。
強くて能力のある人はいいけれど、それ以外の人には厳しくなっていくわ。

・・・・・

と、「あなたの生活に関係あるのよ。○○市は財政が厳しいから、財布のヒモが堅くなるのが目に見えてるわよ」という論法を使っても、「私、この先そんなに長く生きていないし」と返ってきそうな気が。
この台詞を言われると、打つ手がないのである。

・・・・・

補足すると、改憲発議で最初に出てくるのは、緊急事態条項である。家族条項ではなく。
緊急事態条項のヤバさについては、以下で。
報道ステーションが今年の3月に放映したもの


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。