南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  F1
tag : 

この人にとって、人生イコール、レース。
この人からレースを取り上げたら、何も残らない。
引退後、どうやって生きていくのだろう。


96・97年頃、ミヒャエルについて、そう思っていた。

当時の私は、全身全霊をレースに傾ける彼の情念と努力に感嘆し、賞賛していた。
しかし、いずれは現役を引退せねばならない日が来る。
そのとき、どうなるのだろう。
これほどまで人生のすべてがレースという生き方をしてきた人が、サーキットを離れた後、何をして生きていくのか。
第二の道がみつかるのだろうか。

2006年の一度目の引退後、二輪のレースに参加していると知ったとき、10年前に自分が抱いた危惧は外れていなかった、と思った。

自分の生きていく場所が他に見つからないのだ。

二輪の走行中に、彼は事故を起こしていた。
いうまでもなく二輪は、身体に深刻なダメージを負う事故を起こす確率がF1よりも高い世界だ。




セナの死後、彼のファンだった友人の言葉を聞いて、少し驚いたことを思い出す。
彼女はこう言った。
ショックはなかった。死ぬ予感を此方に感じさせる人だったから。

ミヒャエルは、セナとは違う。
彼は死ぬ人ではない。殺しても死なないタイプだ。

この台詞を吐く他方で、2001年以降、「ある日突然、彼が死ぬかもしれない」という恐れが、心の隅に巣食っていた。

確かに、彼は、セナのようにサーキットで死ぬことはなかった。
けれども、セナと同様に全身全霊をレースに傾け、前人未到の成功を手にした彼に、その先の道がなかったとしても不思議ではあるまい。

そう私に思わせるほどに、彼は、レースを愛し、レースに生きた。


50. このあとのミヒャエルに望むことは
幸せな人生を送ってください。


私の望みはかなわなかった。

願わくは、彼と彼の愛する家族の苦しみが少しでも減じますように。

スポンサーサイト