南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  フィギュアスケート
tag : 
●かつての環境が戻ってきた気配

自分のみたところ、前回とは客層のかなりの割合が入れ替わった。
新たに席を埋めたのは、羽生君ひとりを応援するファンではない。

確かに羽生君目当ての人数は多い。しかし、「お目当てに集中して、他の選手や種目に興味を持たない」度合が低い。
以前は、昼間のアイスダンスの競技中は、1階中央の高額席種に空席が目立った。
夜のシングル競技の時間帯だけ満席になるのが、通常の光景だった。
今回、昼間のアイスダンスから空席が少なかった。

歓声・応援は、羽生君に対するものが最も大きいが、かつての高橋君に対するものとは比較にならない。
私個人の印象では、過去25年を通じて、高橋君に対するソチ前の時期のものは「異常」なレベルだった、と思う。

今回、外国人選手たちに対する歓声も、非常に大きかった。
各国の国旗が客席で打ち振られ、中でも際立って大きかったのはロシア人選手たちに対するものである。

キャンデローロフィーバーしかり、ヤグプル時代しかり、かつてフィギュアスケート会場には、外国人選手が目当ての若い女性たちが押し寄せていた。
日本人選手が活躍し始めて以降、年齢層が上がってゆき、今では中年女性が多数を占めるようになった。
しかし、今回、当日券の列に並ぶ女性たちは、一見してそれらの層より若い年齢層だった。

TV放送で映った1階の観客は、以前と同様の中高年齢層だったが、若年齢層が増えたことは間違いないと思う。

尚、昨年のさいたま世界選手権、男子SのFPで、全選手中最も大きな声援を受けていたのはアボットだった。羽生君も含めた中で。
(但し、これは会場のほぼ天井の席にいた自分の耳に聞こえた印象で、別の感じ方をした人もいるかもしれない)

●国別対抗戦は無い方がいいのか

当日券の列に並んでいるとき、周りの方々と少し会話を交わした。
中に、「国別対抗戦は選手にとって負担だから無い方がいい」と述べた方がいた。

この意見は、この大会の発足前からスケートファンの間で根強くある。
私もそのひとりだった。
だが今は、別の意見を持っている。

国別対抗戦は、確かに、明確なデメリットを持つ大会だ。
しかし、デメリット「だけ」かといえば、そうではない。
だから、「無い方がいい」と切って捨てる意見は言わない。

物事は、一面ではなく、複数の視点から考えた方がよい。

国別対抗戦を肯定的にみなす第一の観点は、「日本のフィギュアスケート競技の振興」だ。

「競技の振興」は、競技の関係者とファンにとって、「本質的」で「普遍的」な願望といってよいと思う。

日本国内で開催する国際大会が増え、来場観客が増え、TV放映が増えることは、競技に対する人々の関心を高め、競技人口の増加と、競技力の向上に貢献する。
すなわち、競技の振興に益になる。

ISUが開催を認めてくれるなら、大会を開催しない道理はどこにもない。

この論理には、選手個々人の利益への配慮はない。だから、選手個人に寄り添うスタンスのファンは賛同しないだろう。

しかし、個人を超越した時間尺度の、「競技そのものの振興」に最上位の価値を認めるスタンスからは、採用することが可能だ。

ほんの10年ほど前まで、フィギュアスケートは、日本においてマイナー競技に過ぎなかった。
世界選手権のTV放送は真夜中で、関東以外では、女子しか放映されなかった。
(関東在住の私はTBSで全種目視聴していて、地方は違ったことを知ったのは後日のこと)

現在でも、TV放送は、一般世間に対して強い影響力を持つ。
地上波のゴールデンタイムに放映されることは、おそらく、ほぼすべてのジャンルのスポーツの関係者の垂涎の的であり、同時に高嶺の花であろう。
他のアマチュアスポーツの関係者の前で、スケートファンが不満を並べたら、「放映される方がいいじゃないか。マイナースポーツの悲哀を知らないのか」と思われるのではないか。

もうひとつの観点。

団体戦の開催は、日本においてまだ振るわないペアとダンスの2カテゴリーの振興に役立つ。

フィギュアスケ-トは4種目から成る。世界のフィギュア大国、アメリカとロシアは、4種目すべてで、トップレベルを誇る。

カップル種目2カテゴリーが弱体なままでは、シングル種目がいくら強くても、真の世界の強国にはなれない。
団体戦の創設は、半ば強制的に、カップル種目の強化を図る効果をもたらしているとはいえないだろうか。

国内の練習環境の劣悪さから、現実的にはカップル種目の強化は難しい、シングル種目に特化した方が効率がよい、という考え方もあるだろう。
努力しても無駄、と判断して強化を目指さないか、理想が遠いのは分かっているが、少しでも近づく努力をするか、どちらの方針を支持するかは、夫々の人の考え方だ。

トリノ五輪後、浅田さん・高橋君らの人気の裏で、カップル種目の地上波とBSでのTV放映は激減した。
BSで行われていたNHKのGPシリーズの4種目均等の放映が消滅し、カップル種目はCSでしか視聴できなくなり、スケートを新たに見始めた人々は、カップル種目を目にする機会がほぼゼロになった。

今回の国別対抗の会場で、「アイスダンスはほとんど知らなかったが、見たら素敵」と感じた観客は、多数いたと思う。
FDの上位2組の演技後は、2階の上方の席までスタンディングオベーションの熱狂の渦が沸き起こった。

(続く)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。