南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●TdF2014

10/23、2014TdFのコースプレゼンテーションが行われた。

アンディは出席せず。
ルクスメディアがコメントを取りに行く。
Andy Schleck: "Tour 2014 liegt mir" (Luxemburger Wort 10/24)
Fränk Schleck: „Keine Angst vor dem Kopfsteinpflaster“ (Luxemburger Wort 10/23)
引用:Andy Schleck: “The Tour next year is for me." (velonation 10/24)

Trekからはフォイクトが出席。
My First Tour Presentation for My Maybe Last Tour (Hardly Serious with Jens Voigt 10/23)
彼は、キャリアで初めて招待された。ASOの粋な計らい。
«Bob? Il sera sur le Tour en 2014» (Le Quotidien 10/24)
ルクスメディアが、シュレク兄弟とユンゲルスについてフォイクトに聞いている。

フォイクトが、自分が2014TdFに出場できるかどうかはわからない、と断っているのに対し、シュレク兄弟は、出場を前提に喋っている。
グエルチレーナは、兄弟に対して、TdFをターゲットにする約束はしていない。インタビューで、兄弟の来季スケジュールは未定だと喋った。
アンディをジロのコースプレゼンテーションに出席させたのは(10/7。アンディがリタイアしたジロ・デ・ロンバルディアの翌日)、ジロも検討するという発言を裏づける。

「兄弟がGMの述べた方針とは異なる自分たちの希望を勝手に発言する」のは、「2年前と同じ」で、「いやな感じ」を抱かせるが、来季スケジュールについては、来月からのチームキャンプで話し合いがされる。様子をみよう。

●ジャパンカップで

「東京五輪に来られればいいね」 レイディオシャック・レオパード・トレックの“2人の王者”にインタビュー (cyclist 10/18)
来季トレックに残るユンゲルスとルールストンに日本メディアがインタビュー

――2020年には東京五輪が開催されます

ユンゲルス 「願わくば2回目のオリンピックとして来られればいいね。きょうは日本に来て最初の日だけれど、人は優しいし、いいところだと思っている」

ルールストン 「僕はニュージーランド代表のコーチとして来ているかもね!」

――最後に、プロ選手を続けていく上で大切なことがあれば教えてください

ユンゲルス 「一番大切なことは、ひとつひとつ積み重ねていくこと。ひとっ飛びというわけにはいかない。4年前に決心をしてから、方向を定めてこなしてきた」

ルールストン 「喜びは何かってことと同じだと感じている。19~20歳の頃までは、長距離のレースや大きなレースに出場するなど、目標をやり遂げることが喜びにつながるので、そう難しくはない。25歳頃には体ができあがって、強くたくましくなる。でも30歳になったら? モチベーションを保ち続けなければならない。ボブが言ったように、結局は積み重ねていくしかない。どうやってレースを楽しんでモチベーションを保っているかって?」

ユンゲルス 「休暇でしょ?」

ルールストン 「いや、違うね(笑) シーズンを通してモチベーション、特に精神面でのモチベーションを保つためには、100%集中しすぎないことが大切。クラシックレースを走る時は、その日のゴールに向けて集中して、それが終わったらリラックスする…といった感じで、100%集中した翌月は90%とメリハリをつけている」

ユンゲルス 「いい仲間と走れる環境を選ぶのも重要だと思う。例えば自分が1週間、あるいは1カ月にわたってダメな期間が続いたとしても、信じてくれる仲間がいればきっと手を貸してくれる」


●クレーデン

クレーデンが引退を表明した。
Klöden hört auf - «Habe nichts zu gestehen» (Weser Kurier 10/24)
引用 : Andreas Klöden retires from cycling (cyclingnews 10/24)

話題にのぼることもなく、文字通り、ひっそりと去る。
2012年にレディオシャックとレオパードが合併したときのチームプレゼンテーションでは、キャプテンの一人として紹介されたが、その後の2年間目立った活躍をせず、フェードアウトとなった。

クレーデンは、ランス、ウルリッヒ、ヴィノクロフと同類のドーピング時代の選手の生き残りで、当然ドーピングをやっているが、有罪判決は受けずにここまできた。
彼には、クロを認めた(・断罪された)彼等とは大きく違う点があった。

彼は、「自分が一番になること」を目指したことがなく、取ったこともない。
TdFでは二度表彰台に上がったが、いつも「誰かのアシスト」として出場していた。
ステージ優勝も1回もしたことがないことは、今回読むまで気づかなかった。

彼は、「エースにはならない」「エースに仕える立場」を自分で選んで、競技人生を過ごした選手だった。
そのため、大きな成果・栄誉を手にすることはなかったが、おかげで、ドーピングの罪に苦しんだり、告白を迫られて、断罪されることなく、平穏な人生を手に入れることが出来るのかもしれない。

この先、過去が暴かれるときが来るかもしれないが、たとえそうなっても、受ける影響は多分少ない。
ドイツの自転車連盟と不仲で、連盟の関係で地位を得ることもないから、沈黙を押し通して済ませられるのではないか。
手にした栄誉や地位が大きければダメージも大きいが、得たものが少なければ失うものも少ない。釣り合いが取れている。

What's eating Andreas Klöden? (cyclingnews 2012/6/6)
この記事の人物像の描写は面白い。
ドイツテレコム(Tモバイル)は待遇が極めてよく、高額報酬を得られ、勝つチャンスを得るために他チームへ行くよりもメリットがあった、という。
Tモバイルでチームメートだったカヴェンデッシュは、後にクレーデンを評して、「いい奴だけど、彼の興味のあるのは金なんだ。だからツールで勝ったことがない。ツールで勝てたのに、リーダーのプレッシャーを負いたくないんだよな」と言ったとか。

この記事に言及はないが、レディオシャックも高額報酬を出したといわれているチームなので、クレーデンは十分に稼いで、悠々とリタイア生活に入れるのではないだろうか。

彼について、個人的に覚えている件。

・2009年TdF、第17ステージ

コンタドールがアタックしてクレーデンをちぎっていったことに対し、ブリュイネールとランスが文句をいい、アスタナ内で内紛が展開したが、クレーデンは沈黙し、一切発言しなかった。
そのため真相が不明のまま。
・・あの日の真相はなんだったのでしょうか?
「コンタドールの英語が下手だったので、2人が会話したとき意思疎通に齟齬が生じたのでは?」「ハンガーノックを起こしたのでは?」という解釈は第三者の推測なので、本人に聞いてみたい。

・2012年TdF、ツイッター

彼はツイッターの使用頻度の高い選手だったが、ある事件をきっかけにぷつりと止めた。
事件とは、2012年TdF第7ステージ後、チーム公式サイトのレースレポートの記述は事実でない、とツイートしたこと。こういうことは珍しい、とメディアに取り上げられた。
2012/07/08 : 【TdF2012】stage 6・7

その日を最後に、まったく呟かなくなった。そのうち復活するのでは、と時々チェックしていたが、そのまま消えた。
あんなに盛んに書いていたのに?チームとの関係が悪くなったか?なんだ?と気になった。

2012年TdFのRSLTには、この後フランクがドーピング陽性を出すという爆弾が落ちる。3人が去り、完走するのは6人だけになるが、チーム総合優勝を勝ち取ることに成功する。
海千山千の年季の入った面々が「うまくやり過ごした」みたいと思ったが、それは文字通り外見上のことで、夫々の内実は、こちらには想像もつかないことになっていたのかも、と今振り返ると思う。

●ホーナー

静かにキャリアを終えたクレーデンとは対照的に、ホーナーは話題を振り撒きながらじだばた掻き続けた。
本日時点で、正式な最終結果はまだアナウンスされていない。

キャリアを確認してみると、彼は、(クレーデンとは対象的に)長い間、下積みの生活をしてきた選手、といえる。トップチームにはなかなか雇ってもらえず、雇われてもエースの地位は得られなかった。
自分の勝利・成功を欲しかったけれども得られなかった。その境遇に長年耐えて過ごし、41才にして長年の望みが叶い、グランツール総合優勝という成功をした。
彼にとってはこれが終わりではなく、まだやれる自信と意欲があるので、競技生活にしがみついている。そういうふうにみえる。

・バイオロジカルパスポートについて

公表後、内容に誰かがコメントするのを待っていた。記事がなかなか出ないのはヘンだ、なぜだ?と思っていたら、やっと登場。
結論は、「ドーピングの専門家2人の意見によれば、血液ドーピングあるいはEPO使用をしたときに現れる数値変化のパターンが認められる」。
これのみでクロ認定はできないが、「疑いを抱く点がある」。

難しい理屈ではなく、すぐ指摘できる評価なので、報道が遅くなったことを不審に感じた。ホーナーがトレックに決別するツイートをした直後、という時期に意味を探してみたが、単に、コメントの依頼を受けた専門家が、あとまわしにしていて返事をするのが遅くなった、という解釈もある。

Bio passport expert raises concerns about Horner’s published biological passport values (velonation 10/18)
Chris Horner's Bio Passport Problem (Outside Online 10/22)

Trek on Horner: ‘Chris is a great rider and champion – we wish we could have worked something out’ (velonation 10/19)

スポンサーサイト
Category :  自転車
tag : 
グエルチレーナが色々喋った。
Guercilena : « Revoir les Schleck au top » (10/9 velochrono)

「2014年トレックチームの状況はどうです?」

28人決まっている。余地はほぼない。
ホーナーとは交渉中で合意に至っていない。賃金の点で。
他の選手については、Kiserlovski, Didier, BuscheがTrek。
Trekでないのは、Klöden, Hermans (BMCと契約), Machado, Bennett(Cannondaleと話している)。
スタッフは、Dirk Demol, Kim Andersen, Alain Gallopin, Luc Meersman, Josu Larrazabal, Adriano Baffi。

「昨年とは違って、貴方が望むチームを作ることができましたよね」

「そうだね。自分で選んだといえる。でも、結果を見るなら、今年は十分によかった。カンチェラーラの周りにはいいクラシック班があるし、ステージレースでもチャンスがある。シュレク兄弟にはもう一度トップに戻ってもらいたい。キセロフスキーも山岳でいいところを見せたけれど、私の見るところ彼は総合でもっと上を取れる。ニッツォーロも、もっと成長すると思う。若手が大勢いて、将来を見据えている。トレックは長期のプロジェクトで、今後3年間で結果を出したい」

「若手について話して下さい。 Danny Van PoppelやFabio Fellineにはどういう期待をしていますか?」

2人について述べた後、期待する相手として挙げたのはJasper Stuyven。
ファビアンのクラシック班に入れる。

「Julian ArredondoとRiccardo Zoidlの2人のクライマーの役割は?」

主な役割は、シュレク兄弟の山岳アシスト。

「トレックの、それはファビアン・カンチェラーラの、でもありますが、フランドルとパリールーベが、一番の目標ですか?」

イエス。でも、他のレースも考えている。例えばアムステル・ゴールド。
(続いてファビアンの話題、略)

「アンディ・シュレクについて」

今シーズンはポジティブとはいえなかった。来季が非常に重要になる。
現時点では、レースプログラムは決めていない。(フランクも)
アルデンヌに出て、その後はそれから。ジロも選択肢にある。

「2011年のレベルを取り戻せるか?」

「イエス。そう思っている。彼は、兄と一緒にいれば、精神的な安定を得られる。これが鍵だ。2人のポテンシャルは、離したときより、一緒にいるときの方が高くなる。我々は、2012年に、彼等に別のプログラムを試みたけれど上手くいかなかった。だから2人は一緒に走る」

「ブリュイネールが兄弟を引き離したのは誤りだった?」

「いや。あれは、彼等のパフォーマンスがもっとよくなるのではないか、変えてみたらどうか、という試みだった。でも、それは、いいアイデアではなかったと判った」

「最後にボブ・ユンゲルスについて」
略。

*毎度のフランス語→英語機械翻訳→日本語のいい加減な訳なのはご容赦。

・トレックのロースター

ホーナーについては、私が記してきた推測通りの状況。
ロースター28人は、1人の名が未発表。(解釈は複数有)
10/3に記した26人+ホンド、27人までが明らか。
現RSLTで、名が出ず去就不明が一人いる。ローレッガー。

RSLTから17人。
新加入が10人。この中には、エースあるいはそれに近いレベルの選手はいない。

DSは、アゼベドが外れ(カチューシャへ行くという噂が前に出た)、Leopard Trek Continentalに出向していたBaffiを呼び戻す。新顔なし。

スタッフ及び柱になる選手が、現RSLTと大差がなく、体制をほぼそのまま引き継ぐ、ようにみえる。
こうなると、RSLTとは別のチームではあるのだが、現場はあまり変わらないのでは?という感も起こる。
どうなるのかは、蓋を開けてからではあるが。新チームのコンセプト等に関しては正式発足前後に改めて発言、情報が出るであろうから待ってみよう。

ひとつの見方をすると、2011年にベッカが始めたプロジェクトによって最も大きな益を手に入れたのはグエルチレーナかもしれない。
このプロジェクトは、スタート時の期待を裏切り、数多くの人間を不幸にして終わった(終わる)が、中には、不幸にはならなかったメンバーもいた。

といっても、グエルチレーナに野心があったようにはみえない。たまたまの巡りあわせで、こうなった。面白いもの、といっていいのでは。
この先どうなるかは、みてみないとなんとも。

・アンディ

グエルチレーナは、2011年末にブリュイネールが示した兄弟分離の策に同意していた。
「あらら、この人も判ってないのか。まあ私かて完全に納得するまでには数年かかったから仕方ないか・・」と思ったものだ。
アンデルセンひとりだけが分離に反対し、それを無視したブリュイネールもグエルチレーナも、自分たちがやったことがもたらした惨状に降参するしかなくなったわけである。

グエルチレーナは、アンディが壊れた「原因」をはっきり特定でき、かつそれを引き起こした責任の一端が自分にもあるので、原因を取り除けば元に戻れるのではないか、それを手助けせねばならない、という希望と責務を感じている、という解釈が思い浮かぶ。

私自身は、アンディが2011年のレベルに戻る希望を全く持っていない。けれども、望みを捨てずにサポートしてくれる人々がまだいることは有難いと感じる。
与えられた猶予は来季1年。長い時間ではないから、付きあう心積もりでいる。

Category :  自転車
tag : 
●アンディ

Andy Schleck : «Envie de me faire encore mal à la gueule» (Le Quotidien 10/5)
Andy Schleck targets Tour de France and Classics in 2014 (cyclingnews 10/4)

彼は特定の時期にいちどきに複数のメディアのインタビューを受け、結果、同時期に複数メディアに記事が載ることが多いが、私は、Le Quotidienの記事を、最も好む。
ここが、彼の素の言葉に一番近いものを伝えてくれていると思うから。
今回、ロンバルディア前に行ったインタビューのcyclingnewsの記事を先に読み、どこかいい気分にならず、どちらかというとネガティブな発想が湧いていたが、次にLe Quotidienを読んで、ほっとし、機嫌が直った。

「今シーズンの一番の思い出は?」
「TdFの第20ステージだと思う。セムノスの登り口で、僕は調子がよくて、前についていかれたけれど、モンフォールがあまりよくなかった。キムに、彼の傍にいるか、自分のベストを尽くすかどちらにするか聞いたら、僕の選択に任せる、と。それで、彼を助けることに決めた」

「トレックチームをどう思う?」
「若い選手が大勢いる。いいと思うよ。それと、知ってのとおり、僕にはまだ夢がいくつかある。ひとつは現実になる。父親になるんだ。すごく幸せだ。もうひとつの夢は、同じチームで4人のルクセンブルク人がツールを走ること。来年はないと思うけど、2・3年後にはありえるんじゃない?」

「ボブ・ユンゲルスを含めるよね。彼の1年目に驚いた?」
「いや」「地に足をつけて、正しい人の言葉を聞いていれば、彼は偉大なチャンピオンになれると思う。これまでのルクセンブルクの中で一番の。僕は、彼と同じ年齢のときに、彼と同じことはやってない」

Andersen confirms as sport director for Trek in 2014 (cyclingnews 10/4)
キムのBTのインタビューの引用。

●TREK FACTORY RACING

トレックがUCIへ届け出た新チームの名称は、TREK FACTORY RACING。
来季の開幕までにスポンサーはみつかるだろうか。

UCIの登録申請状況のアナウンス (10/4)

●ホーナー

Horner Q&A: Looking for a job, releasing data, and winning at 41  (velonews 10/5)
ホーナー本人との会話
Horner's agent surprised his client has no team for 2014 (cyclingnews 10/3)
エージェントの発言

長めの記事が出た。
velonewsの記者は、以前から継続して彼とコンタクトをとっていて、多分、よい関係を作っている。
対してcyclingnewsは、過去のドーピングの疑惑(USADA報告書の伏字のNO.15の選手がホーナーという説)を今頃蒸し返して追及するという(足をひっぱる)まねをしているため、疎んじられ、色々喋ってはもらえない。

それで、どうなりそうか。・・よめない。

現状を推測するに、トレックは、完全に門を閉じてはいないが、ホーナーは、提示条件に大いに不満で、受け入れがたい。
1にギャラ、2にチームでの役割、のようである。自分は以前、契約期間で争うのではと推測したが、今回その点の言及はなし。

彼は、来季ブエルタを連覇したい、という。つまり、ブエルタのリーダーという役と、それにあわせた年間レーススケジュールを希望している。

少し前の私の推測は、トレックはホーナーにオファーは出している、それより条件のいいオファーをくれるチームが他にあれば、彼はそちらへ行く、なければ、不本意ながらも最終的にはトレックに残る、だった。
しかし、今回の発言の中に、トレックに対して不信感のようなものを読み取れる箇所があり、これだと関係修復は難しいかも、とも思った。

トレックは、自分の価値を正当に評価してくれない、とは、バケランツも述べたこと。
彼等の言い分は、自分は今季、いい戦績を挙げた、これは評価されてしかるべき、というもの。
これには理があるが、チームの側には、「予算」と「チーム全体の構想」という言い分がある。

チーム・アロンソがホーナーを取る、という記事を自分は保留にしたが、これは事実だった。
どこまで話がすすんでいたかは不明だが(ホーナーの発言は「解釈」が複数可能なため)、バケランツと同じく実質的に決まっていた可能性は十分あると思う。

Category :  自転車
tag : 
世界選が終わり、シーズン終了が間近。

●Team Trek

9/27 発表
Kristof Vandewalle (OPQS)
Jasper Stuyven
リリース

10/2 発表
Boy Van Poppel
Danny Van Poppel
Fabio Felline

Vandewalle以外は、8月初めから名が出ていた選手。
Vandewalleは、世界選TTT・OPQSのメンバーの一人で、連覇を達成した直後に、移籍を口から出した。
OPQSでは、チームのための仕事が主で、個人の戦績の追求ができす、Trekの提示したレースプログラムが好ましかったという。

これで合計26人で(未発表含)、そろそろ枠が埋まる。
少し前に、ホンドが契約見込と発言。(9/18 radsport-news.com

ホーナーについては、チームアロンソ消滅発表の翌日から、連日なにやかや情報が出て、メモがゆうに1ページ分あるが、本日時点の直近の情報は、交渉中で未決と双方がコメント。
Horner: ‘Nothing solid’ with Trek in place for 2014 (10/1 velonews)

・バケランツ
9/28、OPQSとの契約を発表した。
金額については不明だが、契約期間が1年。本来なら複数年契約を取れてしかるべき選手だが、OPQSのオファーに注文をつけられる立場ではなかったかと。

●アロンソ

9/29(日)、フィレンツェの世界選手権最終日エリート男子RRの会場にアロンソが現れる。
来年度は断念したが、2015年に新チームを始める、と公言した御方は、レーススタート前にサガンを訪問。
単なる表敬訪問ではなく、マラネロへの招待という手土産を持って。

それで、自転車レース観戦にはいつも私服で来ていた彼が、今回、フェラーリのロゴ入りのシャツを着ていたわけが判った。不審に感じたが、チーム公認の行事だったのだ。

彼がファクトリーとミュージアムを案内し、最新モデル・F12ベルリネッタの助手席に乗せてサーキットを走行。

サガンは、これまでフェルナンドとは面識がなく、今回が初めてだったそうだ。
こういう招待をされて、断る男はまずおるまい。
男が男を招くのに、これ以上のものはない。世界最強の接待だ。

フェラーリは、アロンソとの関係が危うくなってきたにせよ、まだ彼を引き止めるつもりはあるので、要望に応じたということか。
彼が、個人的な野心(あるいは趣味)でサガンに近づくのに「フェラーリのブランド力を利用する」ことを許したのだから。

久々にF1雑誌を読んだら、色々な見方が書いてあった。
7月以降、フェラーリとアロンソとの関係は明らかに悪化した、マシンがノロいことに文句を言ったアロンソとドメニカリとが大喧嘩し、モンテゼモロもアロンソを批判した。
アロンソは、他チームと接触を始め、フェラーリは、これまで「チームの一番の資産」と認めてきた彼を保持できる確信が持てなくなってきて、彼を失ったときのおさえとしてライコネンの確保を決めた。などなど。

・・フェラーリが前回ライコネンを取ったときって、ミヒャエルが2005年のノロマのフェラーリにうんざりして、現役継続の決定を先送りしていたら、チームが焦って、代わりが必要、とおさえたんじゃなかったっけ?
その「早目の代わりの調達」のおかげで、翌年ミヒャエルはまだやる気があったのに、引退せざるをえなくなったんだよなあ。
「いつか見た光景」というやつ。

尚、アロンソは、サガンだけでなく、旧知のロドリゲスもマラネロに招待した。
世界選の結果に泣いた彼を慰めたかったのか。

フェラーリ公式サイトが載せた招待日のレポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。