南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
1/30、ALADが決定を発表。
出場停止1年。起算は昨年7月14日、今年の7月13日まで。

関係各機関(UCI、WADA及びフランク)がCASへ控訴するかしないかはまだ不明。

有罪決定が出た場合、所属チームは即刻解雇するのが普通だが、Leopard S.A.が出した短いリリースは、解雇決定を述べていない。

ALADの公表した文書
(42ページ。フランス語で、手間がかかるので、自分はまだ読んでいない)

とりあえずの自分の感想は、「ルクスのひとたちが愚か者でなかったことは一安心」。
スペイン人たちみたいに、無罪とか半年とかいった身贔屓決定を出したら、100%WADAから訴えられ、結局2年になるのが目に見えている。
これでWADAが見逃してくれたなら、運がいい。

自分のWADAコードの理解では、「1年でなくて2年でしょ」とWADAからケチをつけられるのが筋である。
ただ、現在、自転車RR界のドーピングを巡っては、ランス事件を発端に、フェラーリ、そしてラボバンクのチームぐるみ、と、ことがどんどん広がって、でかくなり、どこまでいくのやら、という状態だ。
「組織的」な実態が明るみになってゆくと、こういってはなんだが、フランクの件は些細な件にみえなくもない。

ドーピングに厳格な方向に進んでいる、という観点からみれば、大目にみてもらえる可能性は低い、という推測が湧く。
他方、国内機関の決定が甘い場合、これまでは、コンタドール事件のときのように、UCIとWADAとが名を並べて控訴するのが通常だったが、現在、WADAとUCIとは、真正面から激突している。
歴史上最も険悪となった両者が、フランク事件では、闘争を棚に上げて、手を携えるということをするだろうか。

WADAからすれば、大きな魚(巨悪)がいるので、そちらの対処に忙しくて、本意ではないが、雑魚は見逃す、ということはありえるかもしれない。

しかし、ALADのヒアリングには、UCIが人間を派遣して、同席したという報道が、当時のルクスの記事にあった。
ALADは、出場停止1年という妥協策について、UCIからは同意の含みを得た可能性もある。仮にそうだとすれば、馴れ合い許すまじ、とWADAが噛みついてきそう。

続報を待つ。

スポンサーサイト
Category :  フィギュアスケート
tag : 
フィギュアスケートのシーズンはこれから後半戦。

情報に疎いので、カナダナショナルに”エマ”(エマニュエル・サンデュ Emanuel Sandhu)が出場したことを、大会が始まるまで知らなかった。

映像があがっていたので見た。
SP
FS

まあ。素敵。
いくつになった?・・1980年11月18日生まれ、32歳。

戦績を確認すると、競技会出場は06-07シーズン以来という。

彼にまつわる自分のあざやかな記憶は、2005年GPFのEXを代々木で見て、彼とバトル君の2人に対して、「あなたがたは、跳ばなくていいです」という台詞を発したこと。
意味は、「ジャンプをしなくても、これだけ魅せるスケートをできる、素晴らしい」という賛辞である。

「エキセントリック」という表現がぴったりの人で、自分の気に入りのひとりというわけではなかった。といっても、この頃はジェーニャ以外は十把一絡げだったような気がしないでもない。

今日、彼の綺麗な笑顔を見て、嬉しい気分になった。
こういう楽しみがあるから、私はスケートを見続けているのだろうと思う。


30歳になったジェーニャは、ヨーロッパ選手権を「勝利を目指して」戦う。

彼は、いつでも勝負に拘ってきた。
そういう彼を私は愛してきたが、多分、彼が、私の愛する最後の「king」になるだろう。
この先の自分は、もう王様は愛さない。

Category :  自転車
tag : 
Team presentationと同時に公式サイトも稼動。

18日のスケジュールは、これで把握できる。
気づいた点
・フランク
ドーピング問題を抱えたフランクは、プレゼンではキャプテンの1人というポジションを与えられるも、公式サイトの記事は、一切触れず。
掲載したコメントは、アンディとファビアンの2人。この2人が二枚看板。

・マネージメント
グエルチレーナが、GMと紹介。
公式サイトの記載もそう。UCIサイトを見に行くと、こちらもそれに変えられていた。人騒がせな。
Tageblattが気づいたのは偉いが、気づかなくてもよかった。

Luxemburger Wort がライブチェッカーを掲載。

プレゼンが行われたのはホテルのサロンで、「過去2年に比べて随分小規模」。

ダウン・アンダー組はビデオで登場。
アンディのジョークに大笑いしているアラン・ギャロパン、という写真を公式サイトが載せている。

午後の個人のインタビューが、「ギャロパン、ボブ、モンフォール、ファビアン」なのは、フランス、ルクス、ベルギー、スイスの記者が来ていることを示している。
フランクに問題があり、アンディがいなくても、ルクスにはボブがいた。・・よかったね。

尚、Tageblattが、数日前に、フランクの件に関して「どちらかというなら、よいニュアンスの情報」をちらっとリークし、他メディアが広めたが、これはプレゼンを控えてのことか?と思い浮かんだ。
プレゼンで、メディアたちからドーピングの話題を向けられるのは有難くない。その上、ランスのドーピング告白インタビュー番組の放映が、プレゼン当日の直前時刻という「なんだそれは」となる運の悪いタイミングである。

Wortはチームに好意的(サポーターに近いスタンス)なメディアなので、触れていないが、実際どうだったかはおって判るだろう。

Category :  自転車
tag : 
今季のチーム体制は1/18に発表予定で、公式サイトもクローズしているが、UCIサイトに掲載されていることを、Tageblattの記事で知った。

●UCIの表記
チーム名称は「RADIOSHACK LEOPARD」、略称は「RLT」

●マネージメント
ベッカがGeneral Manager
アゼベドとグエルチレーナがSports Director
アンデルセン、ディモル、ギャロパンがAss. Sports Director
とある。

アゼベドがグエルチレーナと並んでSports Directorの役職を与えられた事情はまだ不明。
(他のチームを見ると、ほとんどは、Sports Directorは1人、他は全員Ass. Sports Director。RLTとアルゴス・シマノの2チームが、Sports Director2人。グリーンエッジが、Sports DirectorなしでGMとASD)

現場統括を任されたのがグエルチレーナであることに変わりはないと思う。
アゼベドはダウン・アンダーへ行き、発表会には出席しない。

ダウン・アンダーはシーズン開幕戦で重要なレースであり、チームのトップないし準じる立場のSports Directorが行くケースが多いので、アゼベドが行く辻褄はあう。

グエルチレーナは、昨年、インタビューで、Sports Directorたちについてこう述べた。
「アンデルセン、ギャロパン、デモルの3人は経験豊富なSports Directorだ。キムはアンディを、デモルはクラシックを担当する。ギャロパンは、監督の長い経験とオーガナイザーとの人脈を持っている。それからアゼベドは機材に熟達している」
それで、アゼベドが同格のSports Directorって・・?

ちなみに、この返答を読んだ当時、一番印象的だった箇所は「キムはアンディの面倒を見る」という役割分担のアナウンス。
アンディは昨春、「TdFではキムが一緒でないとイヤ」と言い放ち、それは認めないとシーズン前にはっきり言ったろとブリュイネールが返したら、その後、まともに仕事をしなかった。
グエルチレーナは無論のこと、チーム内の人たちはよく判っていると思う。 

Category :  散歩
tag : 
都庁展望室に初めて行く。

RIMG2876-01_convert_20130113142504.jpg

チャチなデジカメでは、ロクな写真は撮れない。記録として、だけ。
上は、南展望室の西側の窓際に張り付いているときに撮ったもの。

ひとしきり眺めて満足すると、他の方角の風景を見ようと窓を離れ、南側へ向かい、東側に来たとき、ふと振り向くと、「窓枠の中」に、富士の姿がくっきりと浮かびあがっていて、足が止まった。

RIMG2879-01_convert_20130113142704.jpg

カメラを向けたが、写らない。ピントが屋内にあってしまうから。
手前にあるのは、展望室中央に設置されているカフェ。

RIMG2885-01_convert_20130113143052.jpg

西側に戻って窓に近づくと、写った。
富士の大きさは、カフェの向こうから見えていたのと同じくらいだが、窓から離れた方が、より大きく見える。

RIMG2881-01_convert_20130113143031.jpg

これは、別の窓から。
「額縁の中の絵のよう」になる。



富士の手前には、丹沢山地の連なりが見える。その右手(北)には、秩父の山並み。
東京で暮らすと、(富士山以外には)山が見えぬ、と嘆いたが、ここに来れば、「山が見える」ことを知る。
東山三十六峰の美しい姿とは比ぶべくもないとしても、「山を全く見ることができない」と言うのは誤りであった。

都庁展望室は、第一本庁舎45階、地上202m。
北展望室と南展望室、2つあり、1階から別々の直通エレベーターで上がる。

Category :  自転車
tag : 
オーストラリアでのアンディとRSLTの様子が伝わってくる。

●大会公式ページ
http://www.tourdownunder.com.au/
https://twitter.com/tourdownunder

本日はサイン会を。
https://twitter.com/bicyclexpress
https://twitter.com/i/#!/chrisadelaide/media/slideshow?url=pic.twitter.com%2FuwJpsGnl(写真)

●アンディのインタビュー
Andy Schleck climbs back in the saddle for Santos Tour Down Under(adelaide now 1/11)
腰に問題はない、つまり負傷は治った、という意味の発言をしている。
(私は、前歴を根拠に、最初から、たいした怪我じゃない、とっくに治っている、やる気なくして、口実に使っただけ、とみなしていたが、この見解をはっきり書いたメディアはみかけなかった。・・みな優しいんだなあ)
オーストラリアに来たのは初めて。生まれてから一番長い旅、だったそうだ。

Cycling: Andy Schleck not expecting full Lance Armstrong confession (the Independent 1/10)
こちらはランスの話題。読む必要なし。

●スタートリスト
RADIOSHACK LEOPARD TREK (LUX)

41. SCHLECK Andy (LUX)
42. BENNETT George (NZL)
43. DIDIER Laurent (LUX)
44. HERMANS Ben (BEL)
45. PINTO MACHADO Tiago (POR)
46. SERGENT Jesse (NZL)
47. VOIGT Jens (GER)

Category :  自転車
tag : 
●チーム名称

今季のチーム名称は、RadioShack-Leopard-Trek
1/4、公式サイトが記載した。
UCI規定により、レースではRadioShack-Leopardと表記されるだろう。

チーム発足から2年ルクスで行っていた年初の華々しいチーム・プレゼンテ-ションは、3年目の今年、行わない。
トレーニングキャンプ(1/10~24)中のスペイン・アリカンテで、1/18にプレスを呼んでいる。
Leopard-Trek(コンチネンタル)と合同の発表。
この場にアンディはいない。ツアー・ダウン・アンダー出場メンバーは、既にオーストラリアへ向かっている。

ダウン・アンダーのメンバーは
Andy Schleck, Jesse Sergent, Tiago Machado, Laurent Didier, Jens Voigt, George Bennett, Ben Hermans
ディレクター: José Azevedo

●Le Monde

1/3付Le Mondeがアンディのインタビューを掲載した。ハベアで行ったもの。
元記事:Andy Schleck : "Nous ne pouvons pas faire plus contre le dopage"

今季の目標に関する問いに対しては非常に謙虚。
以前のレベルに戻ることが当面の目標で、大きなことを言わない。
目標はアルデンヌ・クラシックとTdF?と聞かれて、最初の言葉が「プライオリティはアルデンヌ・クラシック」
「TdFはまだ遠い。全力を尽くすが、自分は今年優勝候補ではない」

1にTdF、2にアルデンヌ、という2009年来の方針を、自ら変えたということになる。

Category :  その他
tag : 
アクセスしてくださる方々に、新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はどうも有難うございました。

明るい年になりますことを。

RIMG2816-01_convert_20130103193532.jpg

1/2、恵比寿ガーデンプレイスにて