南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
Cancellara confirmed with Luxembourg Pro Cycling Project(cyclingnews)
It's official: Fabian Cancellara to Luxembourg Pro Cycling Project(velonation)
Luxembourg Pro Cycling Project confirms Cancellara is final signing for 2011(velonation)

Cancellara: "Ik ga naar ploeg van de Schlecks"(sporza)

L' Essentielのスライドショー。1枚目は10年前、19才のとき。
スポンサーサイト
Category :  自転車
tag : 
後日まとめるときに使う記事にリンクを張って溜めておく。

11/27
Martin Pedersen excited about new opportunity with Luxembourg Pro Cycling Project(velonation)

11/25
http://www.velonation.com/News/ID/6499/Klemme-looking-forward-to-time-with-new-Luxembourg-team.aspx
Andy Schleck looks to be the favourite at the 2011 Tour de France(cyclingnews 11/25)

Fabian Cancellara: "I'm not from another planet."(velonation 11/25)
元記事 : Fabian Cancellara: «Nicht von einem anderen Planeten»(swiss olympic 11/22)

11/24
Fabian Cancellara still won't let on to 2011 team, announces deal with new management firm(velonation 11/24)

11/22
Cyclisme: Enovos roulera avec les Schleck
スポンサーの憶測

11/19
Brailsford: Sky must avoid "isolated and robotic" approach (cyclingnews)
While official confirmation of Cancellara's transfer from Saxo Bank to the Schleck brothers' new Luxembourg-based team is yet to arrive, Brailsford effectively revealed that would be his destination. The Team Sky principal admitted to having tried and failed to lure "Spartacus" earlier in the year.

"Yeah, for sure we were in for him," Brailsford said. "We asked, enquired, but we knew pretty early on he'd go to Luxembourg. I think his mind was set on going to Luxembourg. The Luxembourg project is more Saxo Bank than Saxo Bank. It's not a new team. It's the same team, same riders. That's where he wanted to be and we respect that. Good luck to him."

11/17
http://www.cyclingnews.com/news/fuglsang-unsure-on-giro-ditalia(Ekstra Bladetの引用)

11/16
Fuglsang: Giroen ikke på plads (Ekstra Bladet)
http://www.cyclingnews.com/news/guercilena-reveals-objectives-for-luxembourg-pro-cycling-project

http://www.cyclingnews.com/news/schleck-looks-ahead-to-the-luxembourg-life
(Marcaのアンディのインタビュー記事の引用、としているが、Marcaの記事は、11/6付のdeiaと同じ)

11/15
http://www.velonation.com/News/ID/6358/Luxembourg-Pro-Cycling-Project-to-hold-first-training-camp-in-Swiss-Alps.aspx
http://politiken.dk/sport/cykling/ECE1108938/schleckbroedrenes-ny-eventyr-begynder-i-alperne/

11/14
http://www.velonation.com/News/ID/6352/Belgacom-and-Jabra-on-board-as-sponsors-of-Luxembourg-Pro-Cycling-Project.aspx
http://www.cyclingnews.com/news/belgacom-and-jabra-linked-as-sponsors-of-luxembourg-cycling-project

11/13
Belgacom et Jabra en seront(Le Quotidien 11/13)
http://www.velonation.com/News/ID/6347/Fuglsang-says-he-might-have-to-sacrifice-Giro-in-order-to-best-help-Schlecks-in-the-Tour.aspx

11/12
http://www.cyclingnews.com/news/fuglsang-decided-before-tour-de-france-to-join-luxembourg-team
http://www.cyclingnews.com/news/porte-happy-to-see-out-saxo-bank-contract

11/10
http://www.velonation.com/News/ID/6316/Andy-Schleck-hopes-to-retire-together-with-brother-Frank.aspx
http://www.velonation.com/News/ID/6317/Bobby-Julich-joins-Team-Sky-as-race-coach.aspx

11/9
http://www.velonation.com/News/ID/6299/Andy-Schleck-For-me-Contador-will-always-remain-the-winner-of-the-2010-Tour.aspx
http://www.sporza.be/cm/sporza/videozone/MG_sportnieuws/MG_wielrennen/1.901681(ビデオ)

11/8
http://www.sporten.dk/cykling/riis-lussinger-til-schleck-og-andersen
リースの本。アンデルセンに対する非難

11/5
http://www.lequipe.fr/Cyclisme/breves2010/20101105_092905_cancellara-chez-les-schleck.html
http://www.cyclingnews.com/news/cancellara-buy-out-made-possible-by-swiss-energy-drink
http://www.cyclingnews.com/news/riis-says-schlecks-lied-to-him-about-leaving

11/4
http://www.velonation.com/News/ID/6254/Was-Fabian-Cancellara-in-talks-with-Luxembourg-Pro-Cycling-Project-in-2009.aspx

11/2
http://www.velonation.com/News/ID/6239/Team-Sky-tried-and-failed-to-woo-Fabian-Cancellara-says-Kurt-Asle-Arvesen.aspx


http://www.cyclingnews.com/news/cancellara-says-contador-signing-prompted-saxo-bank-departure
http://www.cyclingnews.com/news/arvesen-says-he-tried-to-persuade-cancellara-to-sign-for-sky
http://www.cyclingnews.com/news/matti-breschel-its-time-for-me-to-be-a-leader
http://www.cyclingnews.com/news/cancellara-set-to-join-luxembourg-pro-cycling-project

http://www.velonation.com/News/ID/6227/Fabian-Cancellara-confirms-Liege-ambitions-strongly-hints-at-Luxembourg-deal.aspx
http://www.velonation.com/News/ID/6165/Klemme-like-Voigt-emphasises-friendship-was-major-factor-in-moving-from-Saxo-Bank-to-Luxembourg-team.aspx
http://www.velonation.com/News/ID/6158/Fabian-Cancellara-There-are-still-one-day-races-that-I-have-not-won.aspx
http://www.velonation.com/News/ID/6157/Joost-Posthuma-eager-for-a-new-start-with-Team-Schleck.aspx
http://www.velonation.com/News/ID/6107/Rabobank-signee-Matti-Breschel-aiming-for-Tour-of-Flanders-in-2011.aspx

http://velonews.competitor.com/2010/10/news/jens-voigt-talks-about-move-to-luxembourg-project_147254
http://velonews.competitor.com/2010/10/news/jens-voigt-to-join-schleck-brothers-luxembourg-squad_147248
http://velonews.competitor.com/2010/10/news/schlecks-believe-destiny-on-their-side-for-2011-tour-de-france_146925
Category :  自転車
tag : 
●11/26付発表

Luxembourg Pro Cycling Project names two more for Schlecks’ team (velonation)

昨夜、2人(もしくは3人)の発表があるだろうと待っていた。
(土日に発表はない。12/6からキャンプだから、最後(大トリ)の発表が来週中。とすると、後ろから2番目の発表は、多分今日)
時刻が遅く、今日確認。
Category :  自転車
tag : 
●ブレシェルの膝の手術

手術が終わり、4~6週間でバイクに乗れる見込みとのこと。一安心。
Matti Breschel’s knee surgery declared successful (velonation)

●ナショナルバイアス

詳細が判らない、と書いたfeltet.dkの投票の内容を発見した。
Feltet.dk Awards 2010 sat igang
やはり2010年度の投票で、選択肢にコンタドールを入れて、アンディを入れない、というデンマークメディア。
Category :  自転車
tag : 
●プロチーム・ライセンス

Presse Release - Registration of UCI ProTeams for the 2011 season (11/22)

無事にライセンス獲得。
Brian Nygaard: We've done our homework (cyclingnews)

Twitterをやっているチーム関係者は、みな祝っている。
契約が発表されていない選手も、祝っている。
http://twitter.com/joostposthuma・・発表されていないことを忘れているんじゃないか)

大丈夫と思っていても、正式発表されるまでは安心するわけにいかなかったろう。なんといっても、新規立ち上げのチームなのである。
チームとしての実績ゼロでいながら、最長期間4年を獲れたのは、ファイナンスの保証4年が信用されたことと、シュレク兄弟の4年契約が効を奏したか。

ブレイルスフォードの科白ではないが、「サクソバンクの主力選手・スタッフの集団」がごそっと抜けて作ったチームだから、実質的に「ゼロから始める寄せ集めの新しいチーム」ではないし、先日公表されたランキングで堂々の1位であること、も効いたのだろう。

●良い環境を得ること

それにしても、選手の契約で、4年というのは、普通ない。長くて3年だ。
特殊な事情がないと、これほど長期の固定(拘束)はしない。
今回のチームは、それだけ特殊な事情がある、ということだろう。チームの主、運営資金を約束した主は、シュレク兄弟の同胞、ルクセンブルク人だった。
だからシュレク兄弟は、このチームを、終の棲家、キャリアの最後までの「ホーム」にすることを決めたのだ。
フランクは、あと5~6年と言い、アンディは、フランクが止めるとき自分も一緒に止める、と喋った。

もうひとつ重要な要素は、アンデルセンという信頼するディレクターが、行動を共にしていること。資金を調達できても、選手だけでは、レースはできない。

改めて、「アンディが、いかに環境に恵まれている選手か」を悟る。
新チームへの移籍が不可避の様相になってきた頃、「ツール制覇を望むなら、サクソにいた方がいいのでは?サクソの環境は申し分ないはず。この『強いチーム』を失うことを選ぶのか。かつ、新チームというのはリスクがあるのでは。総合優勝に手が届くポジションまできた今、敢えて1・2年を無駄にするリスクを背負うのか?」とぐだぐだ心配をした。

が、これぞ外野の余計な心配だった。実際には、シュレク兄弟は、「周りの仲間たちが、一緒に動き」、「これまでと同様の環境を維持できる」ことを確保した上で、サクソバンクを離脱したのだ。
あとから考えれば、「仲間たちがどれだけ重要か」を、彼等が判っていないはずはなかった。「仲間たちが一緒であればこそ」、動いたのだ。

新チーム発足は、複数の条件が、うまく重なった結果なのだろう、と思う。ベッカの意欲、不可欠なメンバーたちの契約期限、チーム・サクソバンクのスポンサー問題。
すべてが順調に運んだとは限らないだろうし(どうも、チーム・マネージャーの人選にてこずったような。けっこう問題だったかも)、この先も、此方は「安心」してはいないが、それは、どこのチームにいようと同じこと、である。

アンディは、常に、周りに「互いに信頼し合っている」人々を持っている。そういうチームの中に、ずっといる。
それは、とても素晴らしく、幸せなことだ。
これで、ツールの総合優勝の目標を達成したら、神様が贔屓しすぎではないかと思うが、「神に愛された」人というのは、いつの世にもいるものだ。
その日が来たら、その1人だったらしいね、と受け取ることにしよう。



<追記>

●本日の発表

Zaugg and Posthuma to Luxembourg Pro Cycling Project (cyclingnews)

まだ発表されてないでしょ、と書いたポストゥーマが、11/23付で発表。(これまでより時刻が早いぞ)
彼は、自分より強くないリーダーのアシストは遣り甲斐がない、カンチェならし甲斐がある、やりたい、とカンチェのアシスト志願だったのだが(10/26)、カンチェは、パリ~ルーベはもう出る気ないみたいだから、「あれ?」になるかも。
カンチェの目標設定によって、思惑が狂う人が、ひとりやふたりで済まないような気配。

ザウグは、「ほー」。
クライマー欲しいよね、と思っていたからいいのだが、ツールの席の争い(チーム内の競争)が、凄いことになってきそうな気がしてきた。

これで22人。あと2回で終わるか。本当に、「大トリ」にしたんだなあ。
Category :  自転車
tag : 
振り返って考える。その2。

●7月21日~休息日

コンタドールがドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を出した(今の彼にとっては悪夢の)7月21日は、サクソバンクへの移籍の交渉がまとまった日でもあった。
歓び一杯、希望に満ちたコンタドールが、同一年にグラン・ツール3つ勝てると本気で考えてる、とリースに伝えてきたのは、この日である。

同じ日に、(コンタドールとの交渉をリースから知らされていた)カンチェラーラは、契約解除の意向をリースに通告した。
(出典:リースの自伝)

トゥールマレ決戦を翌日に控えたこの日、アスタナとサクソバンクの両チームは、同じホテルに宿泊し、ひとつ屋根の下で過ごしていた。

レースの裏側で繰り広げられていた、相互に絡まる2つのチームの明と暗の出来事を知っていたのは、天上の神だけか。

●7月22日~カンチェの日記

リースの自伝の記述は、色々な話題を呼び起こすが、カンチェが7月21日にリースに契約解除の意志を伝えた、という事柄から、あ、と思い出したことのひとつ。

カンチェは、ツール期間中、2回、自分のHPに文章を載せた。
2回だけ、である。1回目は第1ステージ終了後の7月4日。次は第17ステージ後だった。
第17ステージ、トゥールマレ決戦、7月22日。

この日の記述を読んだ当時の私は、彼がサクソバンクを離れるつもりでいる、と想像していなかった。
だから、第19ステージ後の発言と併せ、今の仲間たちと共に闘うのは今年で終わる、という愛惜の情を汲み取った。
アンディに関する言葉も、彼を守ってツールを走るのはこれが最後ということが背後にあるのだと解釈した。

今、当時の自分の受け取り方が誤っていたことが判った。
この文章を書いたとき、彼は既に、「コンタドールが移籍してくる」サクソバンクを去ることを決めていた、のだった。


22.07.2010

This Tour de France has had lots of highs and lows for me. For the last five days I've been suffering from a cold, but I've still tried to give it my all for the sake of the team. Giving up was not an option. This also goes for my teammate Jens Voigt, who had a pretty bad crash today.

Despite the pain we are determined to see Paris. This might seem crazy, but our sportsmen's hearts don't permit anything else. Today's 17th stage from Pau to the Col du Tourmalet was very tough once again. But since our team is fighting for an overall win, we have a target to focus on every day.

That makes our job exciting. Even though Andy Schleck was not able to win back the leader's jersey, we were delighted with the stage victory. The mood within the team is very upbeat. We racers can at least sit together quietly for a few minutes now and again.

Our staff have a much tougher job, working day and night. During the race today I said to Andy Schleck that I will be happy to be able to look after my daughter again soon and not to have to focus on him quite so much, and we both laughed about that. Cycling in a team like this is fun.

Helping out is important to me, because I want to give something back. Tomorrow we face a 198-kilometre transition stage from Salies-de-Béarn to Bordeaux. I hope that in such a renowned wine-producing area we'll have reason to enjoy a glass of wine in the evening. I'm not yet thinking about the time trial the day after tomorrow. First I need to properly recover from my cold and get my strength back again.

The time trial on Saturday will give us a clearer picture of whether we will be able to cycle into Paris as the winning team in the end. Andy Schleck will once again give it his all to try and make up the eight seconds that stand between him and Alberto Contador. See you soon, Fabian .


今、一文一文を読み返すと、7月に感じたものとは異なる彼の姿が浮き上がってくる。

●7月25日~シャンゼリゼ

このとき、3人の間で、「来年またがんばろーね」という結論が出ていたのかそうでないのか、自分は長いこと判らなかった(自信がなかった)。

今になれば、「鈍いもいいところだよねえ。彼のファンだったら、勘づいたんだろう。『カン』が働く。じゃなくて、彼のパーソナリティを正しく把握していれば、外すことはなかった」

ついで。
自分がちょっと受けた写真。
wortが、カンチェもルクスとすっぱぬいた時、politiken.dk が使ったもの
Category :  自転車
tag : 
ブレシェルが、膝の手術を迫られ、6~12週間バイクに乗れない、来春のクラシックに間に合わない怖れがある、という11/18の報道の後、複数の記事が出た。

Breschel: Nu havde Saxo Bank været perfekt (spn.dk 11/19)
「ファビアンが去った今、サクソバンクは完璧なチームだよ」(ブレシェル)

Matti Breschel interview: Danish rider talks about all things cycling (velonation 11/20)

毎度のことながら、デンマーク人選手を扱う記事の色合いは、デンマーク国内メディアと国外メディアでは、違う。
velonationは、今年の5月、フランドルの後に行った、長いインタビューを載せた。

ここから、自分が思ったことを。

・隠していたこと、本当のこと

自分は、ラボバンク移籍発表後の彼の発言を読んだとき、「カンチェラーラから離れたかった」彼の思いを知った。
その後、今に至るまで、それが彼の本心であったことに、間違いはないのだろうと思う。

5月のインタビューで、カンチェがリーダーであるサクソバンクにいていいのか、とダイレクトに質問されたとき、彼は別の返答をしている。
自分がどこのチームにいようとファビアンは存在する、ファビアンを敵に回すより、同じチームに持った方がいい。
これはこれで理屈が通るので、velonationも引き下がったのかもしれない。

今振り返ると、このインタビューの時点で彼はラボバンクからオファーを受けていて、心が傾いていた、と考えていいと思う。
カンチェがサクソを去ることを想定していないのは道理だし、記者の指摘にあるように、リースはスポンサーを見つけていなかった。

当時、選手たちは、表では、「リースはなんとかすると思う」と口を揃えていた。だが、「自分たちの乗っている船は、沈むかもしれなかった」のは事実であり、脱出を考えるのは、不義理でも恩知らずでもない、とみるものだろう。

チーム側が、スポンサーは、なんとかみつける、信じて、残ってくれ、と選手に要請するのは、チーム側の都合としてありだ。
だが、最善を尽くしたけれど結局ダメでした、となったとき、責任はとってくれない。選手には、自分の身を守る権利があり、チームに忠誠を誓って一緒に溺れるリスクを負う道理はない。

カンチェのサクソバンク離脱が正式発表されたとき、自分は、すぐ、頭に浮かべた。
「ブレシェルが、『こうなるとは』とちょっと思っただろうな」

11/19付spn.dkの記事の通り、「最強のクラシックレーサー・カンチェラーラ抜きのサクソバンク」は、彼にとって、ラボバンクより「よい環境」だったかもしれなかった。

この件を巡って、自分は、あれこれと考えてみた。

彼は、ラボバンクに行くか、サクソバンクに残留するか、を迷った、と伝わっている。憶測記事は色々出たが、行き先の候補に、ルクスは挙がらなかった。見かけた記憶がない。
ルクスは、契約の切れる主力選手を端からかっさらった。でも、ブレシェルは外した?
オファーを出したが、断られた?・・どちらだろう?

彼が、「カンチェから離れたかった」ことを知ったとき、この推測が湧いた。
「ルクスは、『カンチェが来る』から、ブレシェルに声をかけなかった、のか?」

移籍発表時、デンマークメディアたちが、こぞって、「カンチェラーラの陰から出る」と書いたことは、「デンマークでは、この見方が定着していたこと」を示している。とすれば、彼の願望を、アンデルセンが十分認識していたことは考えられる。

ブレシェルがルクスに呼ばれなかったのは、「彼等のグループ」、サクソバンクの中核の「互いに強く結びついたグループ」の一員ではなかったから、という言い方もある、だろう。
カンチェは、「このグループ」の一員だった。ルクスは、「最初から」カンチェの参加を見込んでいた。ゆえに、ブレシェルをリストに入れなかった。カンチェをチームメートに持ち続けることを彼が望まないことを判っていたから。

・・のかどうかは、判らない。「ありうるかも?」という説のひとつ、に留まる。

ブレシェルは、ツール期間中、チームにはメランコリックな雰囲気があった、と語ったが、実のところ、メランコリックだったのは、彼本人だったのではないだろうか。
ルクス行きを決めているメンバーは、思い悩むことなく、日々のレースに集中していただろうと思う。フランクを失った当初は、ダメージを感じていただろうが、頂上決戦は、それを吹き飛ばすことができたのでは。(フォイクトとオグレディの仕事っぷりは、後で考えると納得する)
残留を決めている2人のソレンセンは、今までと変わらず、リースとチームに対する忠誠を尽くした。とすると、「惑い」を抱えた立場にいたのは、ブレシェルくらいしかいなかったことになるのだ。

velonationのインタビューの中で、彼は、サクソバンクに来る前に、Rolf Sorensenと密な関係を持っていたことを語っている。
ロルフ・ソレンセンは、現在ラボバンクに関与していて、ラボバンク行きを決める際の要素のひとつになったことを、移籍発表後に喋った。
こういうふうに、移籍には、人間関係が影響するケースは多い。「デンマーク人ネットワーク」で、フグルサングは、アンデルセンとの間に強い結びつきを作った結果、ルクスを選んでいる。

リースは、カンチェの離脱発表直後に、ブレシェルが残っていれば、と惜しむ発言をした。
「カンチェがいるから、ブレシェルは出て行った」のに、カンチェにも出ていかれては、文字通り、踏んだり蹴ったりである。

そのまたおまけに、現在カンチェは、モニュメント制覇を目論み、来季の目標はLーBーLとロンバルディア、そして世界選RR、と公言している。
つまり、ブレシェルの熱望するパリ・ルーベとフランドルのパヴェのレースは、カンチェは「もういらない」のである。
となると、ブレシェルは、カンチェと同じチームで共存が可能だった、という皮肉な話にもなる。

といっても、これは後になってする話で、彼の選択が誤りだった、とはいえない。彼がラボバンクに返答した時期(ツールの直前~序盤と思われる)、カンチェやサクソバンクの真実は、察しようがなかった。
更に、サクソバンクは、コンタドールの獲得によってスポンサーを得て、生き延びたが、コンタドールのドーピング問題が起こった現在、「またもや」、先行きが不透明になっている。

膝の手術の話は、いやな感じだ。膝の故障は、よくある、職業病みたいなものだが、移籍しょっぱな、というのが悪い。信頼関係をすでに築いているチームにいるならともかく、まずはチームに馴染んで、信頼関係を作るところから始めないといけないのに。ラボバンクは、明確に、春のクラシックのエースを期待して、彼を取っている。
心配してもしょうがない。記事にあるように、春に間に合わずとも、世界選に希望を持つことにしよう。
(カンチェとどちらを応援するかって?状況次第だろう、今年みたいに。今年、最終盤、集団に彼が残っていることを認めて以降、「よし、いけるぞ」、立ちはだかるのはフスホフト、それ以外は相手と思っていなかったという非デンマーク人観戦客は珍しかったかも)
Category :  自転車
tag : 
後日に振り返って考える。

●ブエルタのアンディ追放事件

・後日に手に入った情報、その1
フランクは、(いつものように)アンディと同室だった。
CICLISSIMO no.21の、アンディのトランクの中身拝見の記事で、裏がとれた。(インタビューが行われたのは、追放される前日の休養日)

意味することは、「フランクは、『アンディが帰ってきた時刻』を知っていた可能性が高い。リースが口にし、メディアが広めた『朝5時』だったのか、アンディの当初の説明として報じられた『1時』だったのか、それ以外なのか、『事実』を知ることのできる立場にいた」

・その2
「アンディの帰ってきた時刻を知っていたと思われる」フランクが、シーズン終了後に、事件直後は表で言わなかった「本音」を、口から出した。
彼は、本心では、リースの決定に反対だった。アンディを罰して追放したことを納得していなかった。
アンディ本人も、フランクと同じ考えであることを発言した。

・その3
事件の起こった1回目休養日(9/6)の日中に、リースとカンチェが「将来に関する件で」会談した蓋然性が高いことは、事件直後から把握していた。(9/10 【Vuelta2010】アンディの帰宅

9月10日時点では判らず、その後に判ったこと。

カンチェは、7月21日に既に、契約解除の意向をリースに伝えてあった。(出典=リースの自伝
すると、ブエルタの会談でのカンチェ側の態度は、「意向に変わりはない。そちらの要求する金額を払うから、額を回答してくれ。1カ月以上待った。決着をつけたい。返事が欲しい」だったのではないか。

リースが一旦帰り、次にブエルタに来る予定であった9月17日に、カンチェは、ディレクターのマクギーに黙ってリタイアして、ブエルタを去った。晩に来るリースとは、すれ違いである。
翌18日、リースは、カンチェの離脱を発表した。加えて、チームの許可なく去った彼の行動を非難する発言をした。

「アンディの追放」に、「カンチェの離反」をリンクさせた解釈を、よそで見かけたことはない。
これは、私個人の思いつきで、妄想と言われるのは承知している。
カンチェの去就を気にかけていた自分は、「ブエルタの休養日にカンチェとリースが会談する」ことを明確に意識していた。そのことが、連続して起こった2つの件を結びつける発想を生んでいる。
よって、無理があるなり、反証なりがあれば、お知らせいただきたい。成程そうだな、と納得すれば撤回する心積もりがある。
と断った上で、続き。

9月6日にリースがカンチェとした会話は、闇の中だ。リースは、カンチェが自分の元から去りたい理由に納得できたのか。考え直してくれと説得を試みたのか。

移籍先を、カンチェは明かさなかったと思う。現在に至るまで伏せているのだから、このときも口を割ってはいないだろう。
だが、「シュレク兄弟に合流するのだろう」もしくは「するのではないか」という想像をリースがしなかったことは考え難い。
BMCだと思っただろうか。そうであったら、リースはカンチェの気持ちを理解していなかったことになる。カンチェのパーソナリティと、今の彼の心理を理解できたなら、彼が「どこを選択したか」の推察を間違うことはなかっただろう。
これは、リースの心の中の話になるので、どこまでいっても憶測の範囲である。2人の会話の内容と共に、窺い知れない闇の中。

いずれにしても、カンチェとの会談が、リースにとって「面白くない」ものであったことには違いないと思う。腹の虫の居所が悪くなっている彼が、アンディとオグレディ、「一緒にやろうよ」とカンチェを誘ったであろう2人が、夜更けにご機嫌な風情で帰ってきたのを目にしたとき、思わずカチンときた。・・としても、不思議はないのではないか。

特別狭量な心理ではない。カンチェは、来年まで契約があって、チームに残るのが筋だった。4月に話をしたときは、残ると言った。(リースの自伝によれば)
「筋を曲げて」、シュレク兄弟たちが奪い去って行こうというのだ。仕方ないと鷹揚でいられるとしたら、よくよく心の広い、仏さまのような人だろう。

・結論
「9月6日にリースがどういう気分でいたか」という観点を考えると、「9月7日の朝、リースがアンディとオグレディを追い払ったのは、前日にカンチェに振られて、機嫌が悪くなった八つ当たり」ではないだろうか。(難しい言葉を使わず、平たく書くと)
Category :  自転車
tag : 
●カンチェの帰宅

9月7日のアンディとオグレディの追放後、フランクは、不満を腹の中に収めて、レースを続けた。

9月17日。カンチェは、マクギーに知らせることなくレースをやめ、空港へ向かった。
彼が、この日に去ったのは、「前から希望していて、マクギーに頼んだが、受け入れられなかった。許可はいらん、と強行した」
「前から確定はしていなかった。自分の心身のコンディションを見て、決めて、頼んだら、受け入れられなかった。以下同様」
どちらなのかは不明だ。
過去、チームは、世界選手権の都合を考慮して、ブエルタのスケジュールを決めるのが通例だった。昨年は、ダブル制覇を狙ったカンチェに、リースが個人的にトレーニングに付き合うことまでして、バックアップした。
チームが今年、カンチェに、世界選のための早退を認めなかったのは、彼のチーム離脱が確定していたから、である。

カンチェも、そのことを判っていた。だから、「マクギーと今後の人間関係が悪くなっても結構」と、マクギーの命令を無視した。
当日から思っていたことだが、彼は、人間関係を損ねたくない相手には、ちゃんと挨拶をして帰った、と思う。
マクギーやリースの言ったように「チームメートたちを捨てて」なぞはいなかった。

考えるまでもなく、フランクには、断っている。フランクは多分、こう返答して、送り出している。「今まで有難う。じゃ、またジーロング(世界選)で」
スタッフたちも同様で、下手をしたら、「知らなかったのは、マクギー他数人だけだった」という、苦笑いの出る話であった可能性もあると思う。

17日は、夜にリースが来る予定だった。カンチェはそれを知っていて、顔を会わせまいと、その前に帰ったのか、たまたまの一致か。

推測できることは、9月6日の後、17日までの間に、契約解除条件の回答がリースからカンチェに対してあり、決着がついた。発表日はチーム側に一任、で合意。
18日にリースが発表したのは、当初予定か、それともカンチェにとんずらされたからか。
Category :  自転車
tag : 
●人の常

ブエルタ期間中、チーム(リース及びマクギー)とエースたち(シュレク兄弟とカンチェ)の間には、明らかに、「いざこざ」が起こった。
選手たち3人は、「リースの決めたこと」に不満を抱き、納得をしなかった。

アンディを追放処分にされたシュレク兄弟は、ブエルタ期間中はことを荒立てないでいたが、後になって、文句を言った。アンディは、最後まで残ってフランクを助けたかった。そのためにブエルタに来たのだから。
片や、帰りたいのに、残れと命じられたカンチェは、判りましたと従うことをせず、勝手にやめて、帰ってしまった。

帰りたくない人が無理やり追い返され、帰りたい人が帰ってはダメといわれ、全員不満ぶーぶーで、最後は、職場放棄を引き起こす事態に至った。
ここにはもはや、チームと選手の間に、信頼も尊敬もない、とみなすほかあるまい。

異論を承知で書くが、ブエルタでリースのやったことは、「グラン・ツールを闘うチームのマネージメント」としてはお粗末だった、という見方ができる、と思う。

リースは、アンディとオグレディを罰した理由を、チームのルールに反したから、と説明した。
だが、2人を欠くことは、チームの戦力の大幅低下を意味する。
チームは、何のために、ブエルタに来て、レースをしているのか?チームにとっての優先順位は何か?

「チームのルール」は、チームの戦績よりも優先順位が上なのだろうか。
そもそも、ルールというものは、「何のために」存在するのか。

リースは、ブエルタに参加していなかった。休養日に、ポッと来た。
その日まで、チームの選手とスタッフは、連日の灼熱の中、レースをしてきた。グラン・ツールの厳しさは今更述べるまでもない。
現場のメンバー全員のしてきた仕事は、リースの決定によって、無駄になった。

リースによる、アンディとオグレディの追放は、「論理的に考えれば」、「現在のチーム」の利益に反する行為であった、と思う。
「来季のチーム」の利益、という観点では別である。だが、「現在ブエルタに参加している選手とスタッフ」の利益には反する。

2人が返された後、残されたメンバーの士気がどうなるか、リースは判っていて、そうしたのか。彼は、用を済ませると、選手とスタッフを残して、帰った。「選手・スタッフと共にレースはしなかった」。

改めて考えれば、カンチェが、5年間在籍したチームでの最後のレースを、ボスの命令に背いて、途中で帰るというのは、「相当な」行動だ。
彼は、リースの元で、大きな成功を収めた。リースに対して、恩義も感謝も感じている、と考えてよい。それなのに、最後の最後に、「ばっくれる」とは。これでは「喧嘩別れ」のようなものではないか?

フランクは、アンディを失ったことを全く納得していなかったが、リースと円満に別れよう、という判断でもって、我慢をして、ブエルタ最終日を終わらせた。
オグレディもまた、リースのチームでの最後のレースを円満に終わらせたいと望んでいた。(その望みはリースに却下され、追い払われたが)
それだけに、カンチェの「終わらせ方」には、疑問が残る。



乱暴な言い方だが、「このメンバーでブエルタを円満に終わらせようというのは、最初から無理があった」のだと思っている。

私は、フランクが、ブエルタで総合優勝を狙いたい、と公言したとき、首を傾げた。実際に彼を含めた複数のルクス組がブエルタに出ることになったとき、「これは奇妙な話」と思い、どこか不安を感じた。
具体的にいえば、「リースに、『フランクを総合優勝させてやろう』という気がある・・のか?」という疑念である。

チーム側が残留を望んだのに出ていく選手とチームとが「感情的にうまくいかなくなる」のは、人間の心理として、あって当然だ。
コンタドールは、残留を要請していたアスタナを振り切ってサクソバンクを選んだことを公表した後、アスタナではもはやレースをしなかった。それが互いのための、正解なのである。

チーム・サクソバンクのメンバーたちが心を一つにしてグラン・ツールを闘うことは、今年のツール・ド・フランスで、既に、できなくなっていた。
選手とスタッフたちは、バラバラになってはいなかったかもしれぬが、ボスのリースは、昼間のレースで相対しているコンタドールと、来季を共にする話を、裏で続けていた。

7月25日、ツール最終日、レース終了後のからっぽになったチームバスの中で、リースは、コンタドールとの契約書にサインをした。(自伝の記述)
その日から後、リースにとって「自分のチームのエース」はコンタドールであって、シュレク兄弟ではなくなった、のだろうと思う。

敢えて言うなら、ブエルタでの「いざこざ」の元は、フランクがブエルタの総合優勝を望んだことにある。
フランクは、気を遣うタイプの人間だし、今回のサクソバンク離脱・新チーム設立・移籍に当たって、注意を払って行動してきたように見受けられるが、最後に、綻びが生じて、我が身に返ってきた。

もしくは、ブエルタでのチーム・サクソバンクの内部崩壊は、チーム・ルクセンブルク誕生が引き起こした事件のひとこま、といっておこうか。



●もうひとつの人間模様

9月6日にリースがブエルタに来た用件のひとつは、コンタドールとのいくつかの契約のサイン、という報道が当時あった。
カンチェと契約解除の話をした後、コンタドールと会ったことになる。リースは、コンタドールに、カンチェの離脱を知らせていたのだろうか。話していなかった可能性もあるのではないか。まだ確定はしていなかったから。

もしも、リースが話をせず、コンタドールが、来年のツールではカンチェに牽いてもらえる、と思い込んでいたとしたら、ちょいと哀れな話だな。

と、最初思った。が、ちょっとまった。
コンタドールが、UCIから、クレンブテロール陽性反応が出たことを知らされたのは「8月25日」で、このことはずっとリースに話さなかった、と本人が語った。

つまり、9月初めにブエルタで会った2人は、お互いに、「隠し事」をしていた、のではないか?
より重大な問題を隠していたのはコンタドールの側で、ことによっては、来年のツールがふっとぶどころかキャリアの危機である。これに比較すればカンチェの離反なぞは些細な問題だ。
けれども、当時の当事者たちは、互いに、知るよしもない。

こういう出来事もまた、今年のブエルタの裏側で起こっていたのだった。
Category :  自転車
tag : 
自分がデンマークのメディアのサイトを見に行くようになったのは、今年の春頃だ。チーム・サクソバンクのスポンサー問題が気にかかり、情報が欲しかった。因果なことに、「なんとかなるさ」と呑気でいられる性分でない。
情報は、「対象に近い」場所にいて、高い関心を払っているメディアから発せられるのが定石だ。他国のメディアが、当該国より正確な情報を先に発するのは例外的。情報を欲しいなら、まず地元メディアをチェックするのが鉄則。
そういうわけで、デンマークメディアを見に行き、おかげで色々知ることができたが、ルクスチームの話がはっきりして以降、ルクス組を「リースのチームを害する裏切り者」扱いの色合いが明確になったのには、少々まいった。

気持ちは判る。彼等の最もカンに障ったのは、おそらくアンデルセンではなかったか、と思う。リースの腹心(右腕)であった彼が、主力選手・スタッフをごっそり引き抜いて新チームを設立するのは、主君に背くという意味での謀反、という見方をされるのはやむを得ない。
連れていくのが2人3人ならともかく、主力を根こそぎ連れていくことになり、結果として、リースのチームを破壊した。
アンデルセンたちに「破壊しよう」という意図がなかったとしても、恩を仇で返すとか飼い犬に手を噛まれるといった類の見方をされても仕方のないケースだと思う。

そして、設立するのが「デンマーク国籍のチーム」ならまだしも、何をトチ狂ったか、「ルクセンブルク・プロサイクリング・プロジェクト」、「シュレク兄弟のためのチーム」ときては、何だそれは、となるのはよく判る。

アンデルセンだけでもふざけんな話なのに、運営にもうひとりデンマーク人が加わった。やはり元サクソバンクのスタッフ。
「他国人の目から見れば」、「ルクセンブルク・プロジェクトと名乗っても、運営管理者が2人ともデンマーク人じゃ、実質的に半分くらいデンマークみたいなもんじゃないの?多国籍軍というか」
ところが、デンマークメディアに言わせると、「ルクセンブルク国籍のチームでは、デンマークのチームとは言えん。我がデンマークを代表する自転車チームは、依然、リース・サイクリング」なのだそうだ。

「おらが国贔屓感情全開ぶり」は、F1フィールドで、07年に、スペインとイギリスのメディア間の悪口言い合い(アロンソにつくスペインvsマクラーレンとハミルトンにつくイギリス)で修羅場を経験しているので、「デンマークも同じだわね」という見方はできるが、悪感情の露出は、何度見ても気持ちのいいものではない。

BT(sporten.dk)は、取材は濃いし、提供する情報量が豊富なのでチェックに行くが、ルクス組に対する敵愾心が強かった。それに比べると、feltet.dkは、自転車専門のサイトで、比較的客観的な記述をする。が、その客観的で冷静と思っていたfeltet.dkで、「ん?」となるものを発見した。

トップページの右端に、投票欄がある。複数項目が並んでおり、普通に考えると、一番上は、選手のベスト、ということだと思うが、選択肢に、アンディがない。
ジルベール、コンタドール、カンチェ、ロドリゲス、ニバリ。
2010年度、というタイトルもなく、いつからやっているのかも判らぬが、この選択肢の意図は何だろう。

片や、cyclingnewsは、2010 Cyclingnews Reader PollのBest male road riderの選択肢に、コンタドールを入れていない。
選択肢は10人で、勿論アンディは入っている。

まこと、「スタンスは夫々」である。
デンマークメディアのルクスチームに対する敵意は、暫くすれば鎮まるだろう、とは思う。「自国人=デンマーク人」を取材対象にするスタンスからすれば、アンデルセンとニガードも、いずれは身内として扱わざるをえなくなるだろう。
コンタドールが無事にツールに出られれば、サクソvsルクスの構図になり、どちらのチームのボスもデンマーク人で、ネタにことかかない。
リースのチームも落ち着いて、繁栄してくれることが、ルクスチームにとっても平穏で、望ましいことだろう、と思う。(現況、先行きはまだ不透明)
Category :  F1
tag : 
1年前、自分は、かつて帝王(もしくは皇帝)と呼ばれた3人が3人とも復帰する、と個人的に盛り上がっていた。
1年が経ち、全員の1シーズン目の結果が出揃った。

ミヒャエルに関して、私は、シーズン開始時から、どこかで、判っていた、と思う。
ジェーニャ(エフゲニー・プルシェンコ)の復帰初戦を見たとき、他選手全員が頭の中から消し飛んだけれど、ミヒャエルからは、同じ感覚を得ることはなかったから。

ミヒャエルの復帰は、ランスのそれに似ている。とてもよく似ている。
ランスは、復帰時に、3年やる、と言った。彼は、ツール8勝目を獲得するつもりだった。できると思っていた。

1年目に手応えを得、2年目は、自分のチームを設立して臨んだ。その2年目、彼は、自分の望みはかなわぬと悟り、諦めた。

私の認識では、3人の中で、「特別」の度合いが最も高かった選手は、ランスだ。
彼がやれると思ったなら、やれるのではないか、と思った。
けれども、結局、「栄華再び」はならなかった。

多くの先例と同様に、彼ほどのスーパースターも、「実際に負けるときが来るまで、自分の敗北を想定できないし、未練を断ち切ることができない」のだな。そう思った。

ミヒャエルが、ランスと同じ道を辿るだろう、とは書かない。彼に関して、もはや予想は何もしない。
あるがままを、この先も受け入れる。
「何か」が起こるときは、きっとまた、勘づくことができるだろう。

*ランスは、今年が最後のツールと宣言し、来季開幕戦のダウン・アンダーが国際レース出場の最後、と公言している。だが、もし、コンタドールがツールに出場できない事態になったら、「なら、勝てるかも?」と前言翻す、なんてことをしないでしょうね?とふいに思いついた。
それはないでしょ~となりつつ、「この人ならやりかねん」と疑いが残るのがなんとも。

*ジェーニャ
ジェーニャもまた、五輪で金メダルを取ることはできなかった。けれども、「時代の流れを変える」という、「どれほどの天才でもできない」と私が思っていたことをしたのかもしれない、と、今シーズンを見始めて思った。
この件はまた別に。
Category :  自転車
tag : 
●キュラソーにて

Andy Schleck says Fränk’s crash cost him the Tour (cyclingnews)
兄弟一緒のレキップのインタビューから。色々な話題。ツール、ブエルタ、コンタドール、新チーム。
ファビアンはまだサインしていないよ、とまたもすっとぼけ。
Curacao Holidays 2010(掲載写真が当初より増えている)
http://pressphoto.rtl.lu/browse/search?q=curacao

尚、彼等は既にキュラソーを発っている。長いホリデーは終わり。

●カンチェの望んだもの

リースの自伝の記述、追加。
spn.dkが、4月にカンチェがリースに言った(とされている)科白を、もう少し載せている。

"Bjarne, we must preserve our group. And what we have built together," said Fabian Cancellara, according to "Riis" to hold the owner of a confidential conversation about the team's future in Flanders in April.
(Googleによるデンマーク語→英語翻訳)
Category : 
tag : 
■「免疫の意味論」(多田富雄/青土社/1993)

実に刺激的。わくわくしながら読み進んだ。
福岡伸一の前に、この人がいた。いもづるで、「生命の意味論」(1997)を読みかけたが、前著の本書を先に読んだ方がいい、と判断した。
著者は今年他界したが、本は、かくのごとく世に残る。
この後の著作を辿っていきたい、と思う。

以下、目次。これを見たら、読まずにはおられまいて。

第1章 脳の「自己」と身体の「自己」
第2章 免疫の「自己」中心性―胸腺と免疫の内部世界
第3章 免疫の認識論―ネットワーク説をめぐって
第4章 体制としての免疫―インターロイキン王国の興亡
第5章 超システムとしての免疫―自己の成立機構
第6章 スーパー人間の崩壊―免疫系の老化
第7章 エイズと文化―RNAウイルス遺伝子の謀略
第8章 アレルギーの時代―あるいは相互拒否の論理
第9章 内なる外―管としての人間
第10章 免疫系の叛乱―自己寛容と自己免疫
第11章 免疫からの逃亡―癌はなぜ排除されないか
第12章 解体された「自己」―再び「自己」について


Category :  自転車
tag : 
リースの自伝の記述から、カンチェの移籍に関する事実が、ひとつ明らかになった。
「彼が契約解除の意志をリースに伝えたのは、ツール2回目の休養日の7/21」

7/21、2回目の休養日、トゥールマレ前日。
コンタドールとの契約の詳細の詰めが完了し、コンタドールからリースに歓びのメールが届いた。
しかし同日の午後、カンチェラーラが、マネージャーを通して契約解除の意向を通告してきた。

http://www.sporten.dk/cykling/riis-mine-hemmelige-smser-med-contador#4
<Googleによるデンマーク語→英語翻訳>
Wednesday 21 July - Rest Day

Rest day starts great. The contract with Contador is fully in place now. Trey, Contador brother, his lawyer and I have negotiated the details, so that no knots are longer. Sponsor The situation is resolved, the world's best rider is secured, and now we can begin to look ahead.

Contador send an SMS:

- I am very happy. Believe that anything is possible together. I think seriously that the Giro, Tour and Vuelta are possible within the same year. And I'm not crazy (smiley).

(The afternoon communicate Fabian Cancellara through his manager that he will become detached from his contract. It disappoints Riis, ed.)

Fabian is otherwise the only riders I've been consulted about the plans I have with the team. Already in April after Paris-Roubaix, I spoke with Fabian.

- I am ready to build the team up only around you, Fabian, if that's what you want, I said.

- Yes, we'll see, he replied, meaning end.

Along the way, Fabian also the only one I have briefed on the negotiations with Contador. And therefore I am extra disappointed.

リースは、チームの構想を、カンチェには、話していた。
パリ~ルーベ終了後の4月に、来季について彼と話をした。
君が望むなら、君の周りにチームを構築するつもりでいる、と。
そのとき彼は、YESと言った。
(この時点でリースは、シュレク兄弟の離脱と新チーム構想を知っており、それを含んだ話と思われる)
リースは、コンタドールとの交渉を、カンチェにだけは、説明していた。
それゆえ、カンチェの通告は、リースを落胆させた。

今まで闇の中だった、「カンチェはいつ離脱を決めたのか」の答がはっきりした。
(この記述も、事実とみなしていいと思う)
Category :  自転車
tag : 
昨日(11/9)発売されたリースの自伝の記載の一部を、メディアが色々紹介している。

ツール期間中のコンタドールとのやり取りの話は、かなり面白い。
cyclingnewsが一部を載せているが(Riis reveals he advised Contador over 'chaingate')、原文は、より一層面白い。機械翻訳でも、耐えるので、載せる。
Riis: Mine hemmelige sms'er med Contador(sporten.dk)

引用は、まず、7月12日1回目休養日の記述。
第8ステージ、アヴォリアズで、コンタドールがアンディについていくことができず、アンディがツール初勝利を挙げた翌日だが、交渉が順調に進んでいる2人は、上機嫌の会話を交わしている。

次は、7月19日、第15ステージ、チェーンゲートの日。
夜更けに、コンタドールからリースに連絡があり、どうしたらいいかと尋ね、リースが謝罪を勧めた経緯が書かれている。

<Googleによるデンマーク語→英語翻訳>

Monday 12th July, rest Morzine

In the evening, the draft contract with Contador fallen into place. Spaniard calling and speaking cards together. Shortly after he wrote an sms to me:

- I am glad that we must work together for many years. It is a great project, we get together.

- Yes, it's a great project. Right now it's important for me to help Andy, I reply.

- Yes, of course. I have understanding and did not expect otherwise, he answers quickly.

Monday 19th July - 15 Stage

Suddenly, time stands still. Andy's chain of jumps, he gets stuck, should the cycle twice to get the chain properly. Contador exploits the mechanical coke and continues to run.

(...) Afterwards, Andy sour. Audience hujer and buher when the Spaniard received the yellow jersey on stage, while Andy receives recognition.

I gentes episode in the team bus. In my view it is not working. But what do I do? I can not go and pig Contador to while we have negotiations underway.

Before bedtime dump a text message into your phone. It is from AC. Alberto Contador.

- I'm sorry situation. I attacked and went. Hope you understand.

It's an SMS from our nearest competitor. But also from my upcoming star that is in doubt about where he stands.

- We all had 'bad luck' today. But you made a mistake today, I reply to SMS.

We talk on the phone.

- What do you think I should do? he asks.

- It is right that you give an excuse, I reply.

- You're probably right in. I give an apology, "said Contador.

Around midnight ticks into an SMS.


- Has given an apology. See it on my twitter.

(...) I'm sending him an SMS, when I write, it will be okay again, but it will take time. AC corresponds to midnight:

- Going to bed now. I think that 'Saxo Boys will be strong tomorrow, he writes, followed by a smiley.

「後日に判ることがある」一例。
この会話が、「事実そのまま」という証拠はない。事実通りでなくとも、現在のコンタドールは、反論のできる立場にない。
しかし、来季から共に働くつもりでいる以上、リースの完全な作り話であることは考えにくく、大凡こういう会話があった、と受け取ってよかろう。

ツール期間中のコンタドールの心理について、自分は、ああだこうだ憶測したが、あの謝罪ビデオが、リースに相談した結果とまでは、思いつかなかった。

とまれ、「コンタドールの人物像」を作る材料として、価値がある情報である。
Category :  自転車
tag : 
●デンマーク
DR Sporten
spn.dk(jp.dk)
sporten.dk(BT)
Ekstra Bladet
Politiken.dk
TV2 Sport
feltet.dk

●ルクセンブルク
Luxemburger Wort
Tageblatt
Le Quotidien
Radio Télévision Luxembourg
L' Essentiel

●ドイツ
radsport-news.com
sport.ch

●フランス
L'Equipe

●スペイン
EL PAIS
MARCA
as

●英語
cyclingnews.com
velonation
velonews

Team Saxo Bank
officiel Fanclub Frank&Andy Schleck

Specialized
Fédération du Sport Cycliste Luxembourgeoise

●TdF
Tour de France 2010
lequipe.fr

Chris Ankers blog
Fabian Cancellara

●チーム・ルクセンブルク
http://www.leopard.lu/

●Twitter
Brian Nygaard
Ken Sommer
@kensommer/teamriders
Andy Schleck
Frank Schleck
Fabian cancellara
Daniele Bennati
Maxime Monfort
Jakob Fuglsang
Robert Wagner
Tom Stamsnijder
Stefan Denifl
Joost posthuma
Martin Mortensen
Davide Viganò
Will Clarke
Category :  自転車
tag : 
●アンディのインタビュー

一夜明けると英語訳が。(いい加減な日本語訳を書くんじゃなかった)
Andy Schleck hopes Contador can prove innocence (cyclingnews)
Schleck says he signed for four years, no title name decided yet for Luxembourg Pro Cycling Project (velonation)

とはいえ、元記事がネット上にあるときは、そちらも見ておく方がいいと思う。英語記事がどの程度手を入れるか(元記事から離れるか)は、その時々によって違うので。

●クロイツィゲル

中野さんが来季アスタナへ行く、という記事
可能性はあると思った。クロイツィゲルは、まず間違いなく来て貰いたいと思っている。自宅にまで来て貰って世話して貰っているのだから。エース待遇のオファーなので、要望すれば、アスタナからはOKを貰える。あとは、中野さんの意志の問題だろう、と。

でも、よし、来季はツールのエースだ、と思ったら、ヴィノクロフが、ツールは自分が狙う、クロイツィゲルはアシストで、他のGTのエース、と発言した記事が出て、ありゃ、とこけた。
ただ、ニーバリも、来季ツールのエースではないので、収まる。リクイガスは、ツール・バッソ、ジロ・ニーバリ、と割り振った。

来年のツールは、アンディ、ニーバリ、クロイツィゲル、ヘーシンク、と25・26の若い世代の争いになるか、楽しそう、とのほほんと思っていたら、おっさんたちが、まだ諦めん、若造には譲らん、と出てきたと。
そう言われればそうよね、となるが、そうすると、24なりたてからエースになり、この先もトップチームでのツールのエースの地位が保証されているアンディは特別なんだよなあ、と気づく。
(*上のリストにコンタドールを入れていないのは、「いないだろう」という意味ではなく、彼は「別格」で、他チームのエースに若手が揃うぞ、という意味。念のため)
Category :  自転車
tag : 
●アンディのインタビュー(キュラソーにて)
"Creo en Contador"(deia)

deia.comはスペイン(バスク)のメディアのため、記者の質問はコンタドールに絡んだ話題が多い。これへの返答には、取りたてて珍しいと思った箇所はなし。
注目は、ルクスチームに関して。要点を、実に、「簡潔かつ明瞭に」、バシッと喋っている。
(外野の身は、ああだこうだ延々憶測して、やっとこさっとこ辿り着いた件を、こんなにあっさり簡単に・・もっと早く言ってくれ、ってまあ事情があったんだろうが)

スペイン語→英語訳で読むので、正確ではないが、「大体のところ」は以下。

誰がチームのボス?という問いに、
ルクセンブルクの実業家で、彼が全部を作り上げてる。彼がボス。ハイロードやスリップストリームと同じ手法で作られるチーム。マネージャーが以前サクソバンクの広報だったブライアン・ニガードで、ディレクターがキム・アンデルセン。
移籍に政治的な事情はない(ここ、不明)。(チームに)公的資金は入っていない。全部、民間資金。多額の資産を持っていて、自転車に投資しようとしていた実業家の資金。
チームは、小さいスポンサーを持っているけれど、チーム名はまだ決めていない。プロジェクトは、最低5年間。僕とフランクは4年契約している。

目新しいのは、プロジェクトが最低5年、という箇所。ニガードとアンデルセンは、資金は4年と喋っている。あとは、「此方は憶測していたけど、それでよかったのね」という確認、である。

●11/5付発表

Twenty-five year old trio Lund, Mortensen and Stamsnijder join Schleck brothers (velonation)
Luxembourg Pro Cycling Project announce three more riders (cyclingnews)

小出し発表はプロモーション戦略、とメディアも書くようになった。
自分は2回目に気づいたが、小出しの狙いは、「ルクセンブルク」の名をヘッドラインに出し続けることの他に、「選手1人1人の紹介に文字数を使う」ことでは?と思いつく。

大人数をまとめて発表したら、メディアは、大物選手だけを取り上げ、その他はスルーする。1本の記事の長さには限りがあるからそうなる。
少人数ずつアナウンスすれば、中堅や新人選手も、大物の陰で存在を消されずに、報道される。
チーム側の、1人1人の評価や期待の言葉も、選手のコメントも、記事にして貰える。

これまで、このチームのイメージ、アイデンティティ、フィロソフィーの類については、話題にならず、自分も憶測を書かなかった。先日、アンデルセンが、初めて、少し言及した。(CN 11/3

"Our emphasis is not on innovation or change. We particularly want a family team. A team where everyone feels at home and works ofr each other."

"a family team"という単語に納得しすぎて、これ以上付け加えなくてもいいんじゃないか、とすら思った。
チーム・サクソバンクの中核にあり、新チームとして分離独立した「group of people」は、「家族的な絆」で結ばれたグループ、といっていいと思う。
フランクとアンディは、家族の絆を象徴する存在だ。アンディは、仲の良い友人を、「brotherみたい」と言うのが口癖である。コンタドールのことまでそう言うに至って、「君には、お兄ちゃんが何人いるんだね」と言いそうになったが、「group of people」の中で、確かに彼は「弟」だったのだと思う。

「family」であるこのチームは、選手1人1人を、家族の一人として大事にしたい、とアンデルセンは考えているのではなかろうか。
おそらく、このチームの哲学の中には、リース・サイクリングにはあった、「loyalty 忠誠」という単語はない。
Category :  自転車
tag : 
●11/3付発表

Luxembourg Pro Cycling Project signs Feillu, Clarke and Denifl (velonation)

発表は金曜までないだろうと思ったら、あった。
サーヴェロが終了したとき、誰か取るのではと思ったが、デニフルだった。

これで、17人発表。
未発表の残りが6人で、合計23人。

<未発表>
Fabian Cancellara (CH/Saxo Bank)
Jost Posthuma (NL/Rabobank)
Tom Stamsnijder (NL/Rabobank)
Robert Wagner (D/Skil-Shimano)
Anders Lund (DK/Saxo Bank)
Martin Mortensen (DK/Vacansoleil) ← 根拠:「デンマーク人は3人か?」と問われたニガードが「YES」と返答

国籍が、かなりバラバラ状態である。
目下最多はドイツで5人、デンマーク・イタリア各3人、ルクセンブルク・ベルギー・オランダ・オーストラリア各2人、フランス・ポルトガル・オーストリア・スイス各1人。
Category :  自転車
tag : 
●プロチーム・ライセンス

UCIのリリース(途中経過)

「Sporting hierarchy of teams for 2011」でルクスがトップで、ゾンマー(マーケティング・マネージャー)がはしゃいでいる。
ニガードは「世界一のチームを作りたい」と言ったことがあり、「野心」もいいところだな、と思ったものだが(ニガードには、そういう匂いを感じる)、チーム発足前にこれ。

アンデルセンが喋っている。
Luxembourg Pro Cycling Project starts out on top(cyclingnews 11/3)
元記事は
Schlecks kiezen teamgeest als leidraad (telesport)
彼はなんと、シュレク兄弟・フグルサングと一緒に、キュラソーに行っていた。
行っているとは思わなかった。アムステル・キュラソーは、レースというよりバカンスである。
が、現在キュラソーは悪天候(嵐)にみまわれていて、週末に予定されているレースはどうなるのやら、という状況だとか。

●スポンサーなど

Une boisson cosponsor de l'équipe luxembourgeoise(10/3)

Le Quotidien が面白い情報を書いている。
スイスのドリンクメーカーMaca Locaが共同スポンサーになる、という話。

そして、これまでの情報を、改めて整理・指摘している。

・ルクセンブルク・プロサイクリング・プロジェクトは、Leorpard SAによって運営されている。
ニガードが準備サイトを立ち上げたとき、Leorpardの名があったため、外国メディアたちが、チーム名だと「勝手な思い込み」をし、誤った情報を流したが、Le Quotidien は、既にLeorpard SAの存在を把握していて、間違えなかった。

・シュレク兄弟は、フラビオ・ベッカと4年間で12ミリオンユーロ(約13.5億円)の契約をしている。
この件は、9/24時点ではまだ「多分」をつけていて、金額記載もなかった。裏を取れたとみえる。
金額は「4年間×2人分」か。それだと年間1人約1.7億円で、チームとの契約金とは別口として、ありえそう。

Le Quotidien の記述から、改めて考えてみると、ルクセンブルク国内では、早い時期に、「新チームは、ベッカによるプロジェクトである」ことを了解済みで、不審は何もなかった、という解釈が正しいような気がしてきた。
ルクセンブルク国外の人々の大半は、メディアの人間も含めて、「フラビオ・ベッカなる人物がどういう人物か」を知らない。そのため、「最初の時点から」認識にズレがあった、ということでは。

誤解を招く原因の一つは、当事者たちが事実をそのまま言わない(隠す)傾向があるため、だと思う。
上の記事でも、アンデルセンは、このチームは「シュレク兄弟あってこそ」であることを否定している。ベッカとシュレク兄弟の契約は何よ、と言われたらどう返答するつもりなのやら。

今になってもタイトルスポンサーが未発表であることを問われると、「4年間の資金の保証」を6月時点で貰っている、とニガード、アンデルセン共々述べている。
実際には、これまでも、同じ意味のことを発言しているのだが、保証先の「具体名」を言わないから、はいそうですかと話が終わらなかった。今回のアンデルセンの発言が、やっと、ベッカを指していると判る。

ここまでをみると、この話の発端はベッカで、ベッカがシュレク兄弟と話をして、それからアンデルセンにもちかけ、最後にニガードを呼んだ。リクルート活動は、フランクとアンデルセンが、自分の親しい相手を夫々担当し、残りがニガード。・・とみるのが事実に近いのではないだろうか。(解釈はこの後また変わる可能性あり)
Category :  自転車
tag : 
●本日の発表

O'Grady to Luxembourg Pro Cycling Project(cyclingnews)

10/20(水) Bennati, Viganò, Nizzolo, Pires
10/22(金) Voigt
10/25(月) Weylandt, Klemme, Monfort
10/29(金) Gerdemann, Wegmann, Fuglsang
11/1(月) O'Grady

このパターンでいくと、次は、11/5(金)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。