南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category : 
tag : 
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ダニエル・カーネマン 村井章子

早川書房 2014-06-20
売り上げランキング : 425

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

放送大学の「認知心理学」「錯覚の科学」の講義を視聴後、参考文献にとりかかった。

面白いのなんの。
絵に描いたような「一次文献に当たるのは必須です」。

何らかの情報に接したとき、ぱっと頭に浮かんだ感情や考え(=直感)の中に「間違い」は多く、時間をかけて材料を集めて検討すると、最初の判断を翻すことは普通にある。
改めて指摘されなくても経験則で知っている。

だから、例えば私はインターネットで情報・発言を読んだとき、即座に反応を書き込むことはしない。

とりわけ「感情的な反応」はNGで、「一晩おいて頭を冷やす」のが鉄則。
これは、自分がパソコン通信からインターネットへ移行した頃(1996~7年頃)、「インターネットのルールやマナーのひとつ」として流布していて、納得して採用してきた。

と、多少判っていたつもりでいたが、本書を読み、「直感」のエラーっぷりの凄まじさ、それに気づかぬ自信過剰の凄まじさ、自分もこれから逃れてはいないという現実を悟って茫然自失、頭を抱える。

そうなのだ。じっくり考えるのは疲れる。
できれば考えずに済ませたい。楽な方に逃げる。

人間はそういうものなんだから、別にいいじゃん、と開き直ってすませる手もある。
しかし、本書を読んだ以上、読む前には戻れない。

考えるのは疲れるし、自分の愚かさや傲慢さや下劣さを認めるのもしんどいが、できる範囲の努力をしてみよう。

*読んだのはまだ上巻のみ、下巻はこれから。
上巻の内容 : 思考の二つのシステム、ヒューリスティクスとバイアス、自信過剰
下巻の内容 : プロスペクト理論、フレーミング効果 等

スポンサーサイト
Category : 
tag : 
日本会議をめぐる四つの対話日本会議をめぐる四つの対話
菅野 完 村上 正邦 魚住 昭 横山 孝平 白井 聡

ケイアンドケイプレス 2016-12-11
売り上げランキング : 60371

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本会議の研究 (扶桑社新書)」の補遺として読んでおくといい本。
菅野氏と、白井聡、村上正邦、横山孝平、魚住昭との対談集。

前作は、「今まで誰も書かなかった」事実を暴いた野心的な著作で、ベストセラーになり、価値が高いことに疑いはない。
ただ、評価・解釈の面での記述は、些か「視野が狭い」印象を受けた。

その点を、本書において魚住昭が指摘している。

日本会議や谷口雅春さんにしても、そうした長い歴史の中に位置づけた上で、様々な角度から総合的な見方をした方がいいと思うんです。だから、僕は「日本会議の研究」はとてもいい本だと思うし、すごく評価しているんだけども、見方がちょっと一面的なところがあるな、と。そこがある種、あの本の欠点だなと。それは今後気をつけてほしいなと思ったんです。


4人は、それぞれ立ち位置も主義主張も異なる人物で、結果、幅広い話題・見解が一冊の本の中に収まることになった。
ちなみに私は、横山孝平なる人物は初耳だった。
なにせ民族派という単語の意味を理解していない。条件反射的に無視して近寄らない範疇。
章の最後に、楠公祭における「祈願詞」が掲載されているのだが、これと白井聡が同じ本の中に入っているのはキツネに化かされたようだった。

Category : 
tag : 
日中に起こった出来事の不愉快な気分を引きずったまま夜中になってしまったので、着替えてベッドに入ると、横になって目を閉じる前に、長田弘の詩集を開く。

すると心が鎮まり、眠りに向かうことができる。

世界はうつくしいと世界はうつくしいと
長田 弘

みすず書房 2009-04-24
売り上げランキング : 101576

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

   なくてはならないもの

 なくてはならないものの話をしよう。
 なくてはならないものなんてない。
 いつもずっと、そう思ってきた。
 所有できるものはいつか失われる。
 なくてはならないものは、けっして
 所有することのできないものだけなのだと。
 日々の悦びをつくるのは、所有ではない。
 草。水。土。雨。日の光。猫。
 石。蛙。ユリ。空の青さ。道の遠く。
 何一つ、わたしのものはない。
 空気の澄みきった日の、午後の静けさ。
 川面の輝き。葉の繁り。樹影。
 夕方の雲。鳥の影。夕星の瞬き。
 特別のものなんてない。大切にしたい
 (ありふれた)ものがあるだけだ。
 素晴らしいものは、誰のものでもないものだ。
 真夜中を過ぎて、昨日の続きの本を読む。
 「風と砂塵のほかに、何も残らない」
 砂漠の歴史の書には、そう記されている。
 「すべて人の子はただ死ぬためにのみ
 この世に生まれる。
 人はこちらの扉から入って、
 あちらの扉から出てゆく。
 人の呼吸の数は運命によって数えられている」
 この世に在ることは、切ないのだ。
 そうであればこそ、戦争を求めるものは、
 なによりも日々の穏やかさを恐れる。
 平和とは(平凡きわまりない)一日のことだ。
 本を閉じて、目を瞑る。
 おやすみなさい。すると、
 暗闇が音のない音楽のようにやってくる。

 
長田弘の詩は、ごく最近知った。
私は詩を読む習慣を持たない。
書籍の中で引用されていたものに目が止まった。

表紙とページの中に登場するミミズクは、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの絵だという。
この作品は今まで知らなかった。

Category : 
tag : 
逮捕されたらこうなります!逮捕されたらこうなります!
Satoki 國部 徹

自由国民社 2013-06-27
売り上げランキング : 178323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日、借金を申し込んできた某との会話の後、頭に浮かんだ。

「今現在のイヤな思いから逃れたいがために、将来確実にやってくる破綻を無視するのか、この人は。
こういうパーソナリティの人は、事件の容疑者になって、警察に引っ張られ、厳しく取調べされたら、やってもいない犯罪を、やりました、と簡単に言うぞ。

将来自分が蒙る不利益を考慮して現在の苦痛に耐える、という理性的な行動をできないのだから。

今の苦痛から逃れることが優先で、先のことを考えない。思考停止する。
これでは、自白を引き出そうとギューギューに締め上げる警察にかかったら、イチコロだ。赤子の手を捻るに等しい。
早く家に帰りたい、という思いで、警察の言いなりで供述するだろう。

つまり、冤罪は、必ず起こる。

ゾッとしたが、次いで、「まてよ。他人を見下して偉そうに言うが、自分は大丈夫だと言い切れるか?」

わが身を振返って疑いが湧き、「取調べに屈せず、冤罪から身を守る策」の知識を探し、本書をみつけて、読んだ。

★読み終わったときの感想

「う~~
厳しい。相当厳しい。
こういう本で知識を仕入れておいても、本当に逮捕されて取調べされたら、最後まで屈せず、容疑を否定し通せると言い切る自信なんかない。
よくよく強く心を持っていないと危ない」



どんよりしてしまったが、気を取り直す。

★最低限覚えておくこと

1.逮捕されたら、とにもかくにも、まず弁護士を呼ぶ

容疑に覚えがなく、否認する=「警察と闘う」なら、弁護士なしではどうにもならない。
知り合いに弁護士がいなくても大丈夫。
いたとしても、民事が専門で刑事に疎い人では役に立たないので同じこと。

どうするかといえば、日弁連が作ってくれた当番弁護士という制度を使う。
「当番弁護士を呼んで下さい」
警察の捜査官にそう言えばOK。

24時間以内に来てくれることになっている。(半日程度過ぎる場合もある)
72時間以内は、家族や知人は接見不可で、唯一会えるのが弁護士。
  
当番弁護士との接見は無料だが、1回だけ。
この人の印象が悪くなく、頼れると思ったら、今後も続けることを頼む。
ソリが合わず、他の人にしたかったら、日弁連に斡旋を依頼して、派遣してもらう。
    
2.弁護士を信頼し、しっかり相談し、アドバイスに従え

此方を犯罪者と思い込み、容疑を認めさせるために違法ギリギリ、人権無視、あらゆる手を使う警察のプロ集団に対抗するのに、頼りにできる唯一のプロの味方が弁護士。

どのように対応すればよいかを教えてくれるので、「弁護士と話すまでは取り調べに応じられません」と黙秘するのは、ひとつの手。

弁護士と話す前、法的知識が何もない状態で取り調べを受けると、警察の手管にのせられて、不利な供述調書を取られてしまう危険があるから。

3.供述調書は、決して妥協しない

供述調書に、容疑を認めた旨が記録され、署名・押印してしまったら、あとになって、違います、やってません、と主張しても手遅れ。自白した、とみなされる。

被疑者が全く言ってもいないことや、有罪をほのめかすように受け取れる、「嘘の供述調書」を、警察は平気で作る。
そういうことをすると頭に置き、署名する前に、一言一句、徹底的にチェックする。

「自分は、こんなこと喋ってない」と納得できない箇所は、書き直しを要求する。
「このくらいはいいか」の妥協は絶対ダメ。
「書き直してくれなければ、署名しません」とつっぱねる。

自分に不利な供述調書は、1本たりとも作らせない、という信念を持つ。
ここが、大きな勝負所。

4.拘束は原則最長23日、ただし再逮捕を覚悟せよ

1回の逮捕で警察に拘束されるのは、原則、最長23日間
容疑を否認した場合はマックスで拘束されると覚悟して、耐える。

ただし、複数の容疑をかけ、複数の逮捕状を取れた場合は、「再逮捕」の可能性がある。
拘留満期日に釈放手続を終えた直後、「また逮捕状が出ています」と新しい逮捕状を突きつけて、再逮捕する。

一旦自由になれると思った被疑者に、また最長23日の拘留が始まってしまうというのは精神的にダメージで、最初の逮捕拘留中は懸命に容疑を否認していた被疑者でも、この再逮捕攻撃で心が折れてしまい、シャバに帰りたいと、やってもいない容疑を認めてしまった人もいる。

再逮捕攻撃の対抗策は、「あらかじめ再逮捕を覚悟しておくこと」。



自分や身近な人が逮捕される可能性は低いであろうが、本1冊読むのにさしたる時間はかからない。
知識があるとないで大違いなのは間違いない。

私を含め、刑事事件に巻き込まれてしまった人の多くは、逮捕から起訴までの刑事手続に関して
「前もって知っていれば、こんな目には遭わなかった」
と痛感する人ばかりで、我々一般市民にできることは、万が一、間違って逮捕されちゃったときに、”警察や検察のカモにされないよう、最低限のルールを知っておく”ことです。


堅苦しくなく、ユーモアを交えた読みやすい本なので、一読をお勧めする。

Category : 
tag : 
タイラー・ハミルトンが昨年9月に出版した暴露本の邦訳が発行された。
シークレット・レース (小学館文庫)シークレット・レース (小学館文庫)
タイラー・ハミルトン ダニエル・コイル 児島 修

小学館 2013-05-08
売り上げランキング : 757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

言及:2012/09/03 : フォイクトのダイアリーから

先に読む必要のある本が複数あるので、読み終えるのがいつになるかは不明。
図書館に予約してようやく順番が回ってきた本は流せず、返却期限までに読まねばならない。
それと、多分、センセーショナルな点は昨年時点でネットに流布しているので、英語のニュースをある程度フォローした自分は急いで読まなくても大丈夫だろう、ということで後回し。

といっても、読了したときは、きっと、読む前とは違った感想が色々でてきて、改めて書きたくなることがあるだろう。

●記憶は変容する

派生で別の話題を。

昨年、ハミルトンが詳細に語った自伝を出すという話を知ったとき、自分の頭に思い浮かんだことがあった。

・・もし彼が、「テープレコーダーみたいに」過去の出来事や会話を書く箇所があったら、そこは「退く」スタンスをとらないといけないだろうな。
人間は、過去の出来事を正確には覚えていない。簡単な会話ですら、誤る。
今回の場合、オメルタを破ってドーピングを証言する選手たちの記憶には、強烈な「バイアス」がかかっている、とみなしていい。
彼等の記憶には、「相当に幅の広い度合で変容した」ものが入り混じっているのでは。
そういう留意をして読まないといけないのではないか。

これは、ハミルトンたちが意図して嘘をついた、という意味ではない。
本人に意図がなくても、過去の出来事に関する「記憶」は「誤り」を犯す。客観的・一般的な事実だ。

私は、最近になって、「人の記憶」に関する研究・理論の類を知った。
数冊の本だけでは、どこまで信用するか保留にしていたが、放送大学の「認知心理学」「記憶の心理学」等の講義を聞き始めて、「確認実験を重ねて、現在、理論として広く認められたもの」があることを認識できるようになった。

強盗傷害事件を目撃した人が、事件後に警察官から「貴方が見た犯人はこの人ですか?」と顔写真を見せられたとき、「はい、この人です」と、全く無関係の他人を指差すことは、「いたって普通に」起こる。
本人には、嘘をついている意識は全くない。

記憶というのは、後日に「変容」をする。
どのような要因によって、どのように「変容」するか、その研究は、「学問」的に進められている。

私は、「冤罪」というテーマに関心を持っているが、事件を報道するジャーナリストの記述と同時に、人間の「認知」を扱う「学問」的な知見・考察に目を向けると、両者が結びついて、一歩すすんだ理解ができることに気づいた。

素人の一般人は、「自分はやっていないのに、殺人を自白するはずはない」し、「見ていないのに、見た、と目撃証言を断言するはずはない」と、単純に思い込む。
そうではない、「私自身も、警察に引っ張られたら、自分がやってもいないことをやったと思い込み、罪を認めることが起こりうる」と、「自分の身に引き寄せた」理解をしたとき、戦慄と共に、目から鱗が落ちた。
記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)
榎本 博明

祥伝社 2009-09-29
売り上げランキング : 27086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

証言の心理学―記憶を信じる、記憶を疑う (中公新書)証言の心理学―記憶を信じる、記憶を疑う (中公新書)
高木 光太郎

中央公論新社 2006-05
売り上げランキング : 18903

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●大筋を読む

ハミルトンの本の話に戻ると、彼の記述の「全体像(大筋)」は、信用してよい。疑ってかかる必要はないと思う。

ただ、「いつどこで誰がこれこれするのを見た」「誰がこう言った」という「個別の具体的な事柄」の中には、事実でないことも混ざっている可能性がある。
英語から日本語への「翻訳によって生じる変容」の問題も併せ、「細部には拘らない」スタンスで読むのがいいだろう、というのが総括。

●複数の視座で

ドーピングに関しては、今後も書く可能性がある。(読み手が歓迎しようがしなかろうが)
論点が複数あるテーマなので。
ランスの件は、視点を「自転車界内部」に置くのではなく、もっと広い見地から解釈するものでは、という思いがある。

以前ちょろっと書いたことがあるが、本件は、「アメリカ人同士の壮大な内輪揉め・大乱闘でヨーロッパ人が迷惑した」事例にもみえるし、はたまた「グローバリゼーションと新自由主義の潮流の一環にすぎない」ようにもみえる。

言い換えれば、「ランス・アームストロングは、それほど特異な人間ではなく」、「個人の観点より、社会の観点で解釈をしてみては?」という提案。


■追記

関連:
2013/06/29 : 「シークレット・レース」読了
2013/07/02 : 「シークレット・レース」から

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。