南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  その他
tag : 
昨年5月に放映されたNHKBS世界のドキュメンタリー「ヴィスコンティ VS フェリーニ」。
後日に存在を知り、先日の再放送を視聴した。
陶酔と快楽に満ちた過ぎ去りし美しい日々を思い出させた50分だった。

私は20代に、両者の作品のほとんどを映画舘で見た。
ヴィスコンティは既に亡くなっていたが、岩波ホールが次々に上映をしていた時期だった。

フェリーニとヴィスコンティの活動時期がほぼ同じであることは「知識としては」持っていた。
しかし製作・公開のリアルタイムには居合わせず、後の時代に後付で追っていたから、実感がなかった。

生前の2人がイタリア国内で激烈なライバル関係にあり、作品の公開の度に、人気・評価を競って火花を散らしていた、という描写は、今回の番組で初めて目にしたように思う。

1954年 「夏の嵐」 VS 「道」
1957年 「白夜」 VS 「カビリアの夜」
1960年 「若者のすべて」 VS 「甘い生活」
1963年 「山猫」 VS 「8 1/2」
1969年 「地獄に堕ちた勇者ども」 VS 「サテリコン」
1973年 「ルードウィヒ」 VS 「フェリーニのローマ」「フェリーニのアマルコルド」

この勝負のラインナップに、目が眩みそうになった。
これらの作品が、イタリア国内で同じシーズンに公開されて、世の注目と話題を集めていたとは。
想像すると、興奮で眠れなくなりそう。
なんという輝かしい時代があったのだろう。

  ◆

当時の私の趣味は、ヴィスコンティ>フェリーニだったが、フェリーニの新作も公開されれば必ず見に行っていた。

そのため、実物ご本人の姿を見る機会に恵まれた。
「ボイス・オブ・ムーン」の日本公開の際に、来日した。

今のようにネットで情報が駆け巡る時代ではないので、来日のことは知らずに日比谷のシャンテに見に出掛けたら、表に、本日の最終回の前に舞台挨拶がある、という告知が出ていた。
折角だから、と予定のスケジュールを変更し、他の映画を先に見ることにして、出直した。

話の内容は覚えていない。
記憶に残っているのは、夫人のジュリエッタ・マシーナが一緒で、2人に目を凝らしたこと、客席後方のみならず両側の壁際まで立ち見の観客でびっしりと埋めつくされていたこと。

フェリーニは、その3年後の1993年に亡くなった。

RIMG3706-01.jpg


スポンサーサイト
Category :  その他
tag : 
KDDIから、ホームページ公開代理サービスを終了するとの通知が来た。先月下旬。
期日は来年10月末。

いずれ他社に乗り換える、そのときに同時に終了、のつもりでいたが、予想外に、KDDI側が先に止めてしまうことに。

さて。どうするか。
これまでは、消えていいと思っていた。
が、アクセスして読んでいるうちに、未練が少し湧いてきた。

彼がいま普通に暮らしているのであれば、心残りは、多分、ない。
そうではないから、後ろ髪をひかれる。

Category :  その他
tag : 
40年ぶりの「ポーの一族」の新作が掲載されたフラワーズ7月号をようやく入手した。
RIMG0042-01.jpg

漫画というものをこの20年読んでいない私のようなオールドファンが、情報を知って慌てて書店へ走ったくらいだから、売り切れ続出は当然。
出遅れてみつからず、重版も入手できず、単行本が出るのを待つか、デジタル版を買うか暫く迷ったが、雑誌を手にとりたい欲望がくすぶり続けたので手配することに。

冒頭の数ページは違和感があったが、進むにつれて感じなくなり、終わり近くでは完全に引き込まれていた。

私の知っているエドガーだ。

物語の舞台は、1944年。第二次大戦中のイギリス。
エドガーが出会うのは、ドイツから逃れてきたユダヤ人の少女。

「グレンスミスの日記」(1972年)では、イギリスからドイツへ渡ったイギリス女性を描いた。
今度は逆。

44年前の物語に登場したのは、2度の戦争に翻弄されるドイツで、運命をただ耐え忍ぶ人物像だった。
今回は、黙って耐えるのではなく、「怒っている」キャラクターを描いた。

「あたし 今の世界中を怒っているの!
こんな世界 大っきらい!」

「グレンスミスの日記」では、辛く苦しい現実の中で、「争いもなく 貧しさもなく 絶望もなく」、死の恐怖からも解放されて、永遠の命を生きる一族へのあこがれを、かなわぬ夢として、登場人物に語らせた。

67才になった萩尾望都は、少女に何を語らせるだろう。
物語の後編の掲載は冬だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

少女漫画には、長い間、夢中になった。

最も入れ込んだのは、LaLaとプチフラワーを毎月買っていた頃。
LaLaが月刊化した最初の1年間、萩尾望都が表紙を担当したことを覚えている。
購読したのは、1979年から「日出処の天子」(山岸涼子)の連載終了号まで。
プチフラワーは、「訪問者」(萩尾望都)が掲載された創刊号(1980年)から、「メッシュ」(萩尾望都)が掲載された頃までだと思う。
(フラワーズは、プチフラワーの後継の雑誌と今回知った)

「ポーの一族」は、私にとってNO.1の少女漫画作品だった。
少女コミック連載時には間に合わず、読んだのは単行本。
今も手元にある。

RIMG0043-01.jpg


大半の漫画は捨てたが、本当に好きだった幾つかは残した。
今回の新作発表のニュースで、久しぶりに書棚から取り出しページを開くと、あっというまに虜になった。
強烈な魅力が、時を超えて、蘇る。

自分にとって、萩尾望都は、当時から、お気に入りの作家たちの中でも「別格」の存在だった。
が、今回、山岸涼子や竹宮恵子といった同時代の作家の発言を読み、今更ながら、彼女の天才ぶりを知った。

山岸涼子は、打ちのめされるのが怖くて、「ポーの一族」を最近まで読まなかった、と言う。(フラワーズ掲載の対談内の発言)
私からみれば、山岸涼子も充分「異才」だったから、これには驚いた。
(もっとも、私の知る山岸涼子は「日出処の天子」で、若い頃の作品は読んでいない)
竹宮恵子が萩尾望都に対して抱いていた感情についても、今の今までついぞ知らなかった。

時間が経ったから語れる話もある。
自分も、熱に浮かされた時代は、遠い過去だ。
今、穏やかな気持ちで振返ってみるのも悪くない。

Category :  その他
tag : 
久々に、ブログの作文をする気が湧いたので。

昨年、父が死んだ。それを巡る話題。

●がん検診が、父の寿命を縮めた

先日、遺品整理中に、「がん検診の受診が、手術とそれによる死亡を招いた」ことを知った。

父とは別居だったので、手術に至るまでの詳しい経緯を知らなかった。
健康診断で異常が発見されて精密検査を受け、「胸部大動脈瘤」と診断された。
破裂を予防する手術を提案され、迷った末に選択した。
私が把握していたのはその程度だった。

遺品の中に、健康診断の記録があった。
中身を読み、異常の発見は、基本の健診ではなく、「肺がん検診」であったことを知った。

基本の健診には、レントゲン検査が含まれていない。
肺がん検診のレントゲン検査で、「肺がん以外の要精密検査」と判定された。

大動脈瘤は、自覚症状がない。
父は不都合を何も感じていなかった。
80を超えてからは腰を痛め歩行に不自由が生じていたが、家の中での移動はでき、介護の必要なく日常生活を送れていた。

もしも、肺がん検診を受診していなければ、大動脈瘤は発見されず、父は、今も生きていたのではないか。

父の大動脈瘤の大きさは、「4.6cm」とメモにある。
大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドラインを見ると、「手術を勧める」のは「5.5cm以上」とある。
「4.5cm未満」であれば「半年経過観察」。

診療を受けた病院の運が悪かった、という見方をしてもよかろう。

別の病院であれば、破裂の危険性が高いとみなせる大きさには達しておらず、高齢で手術による危険性が高いので、手術を勧めなかった可能性が充分あると考えてよいのではないか。

あるいは、医者の腕がよくて、手術が成功したかもしれない。

父が手術を受けた××××××病院の心臓血管外科は、今夏、心臓や大動脈などの手術を受けた患者複数が術後間もなく死亡したことが問題となり、調査が入り、手術を中止している、という報道が流れた。

父の死亡は昨年だから、報道された死亡者数にはカウントされていない。
が、手術した医師は同一人物である。

がん検診の受診を決めたのも、当該病院での手術を決めたのも、父自身だった。
同居の家族は、手術に消極的で、最低でも、信頼している別の病院での手術を望んでいた。

こういった事情ゆえ、家族の心情としては後味の悪さがある。

といっても、こうなったのは「本人の選択の結果」なので、「これが寿命」とみなすのが道理、と思う。

ただ、手術後、「お寿司を食べたい」と呟き、食べること叶わず、そのまま病院のベッドの上で半年過ごし、最後は薬漬けで死んだ姿をふと思い出し、「がん検診が手術のきっかけだったとはなあ。検診を受けていなければ、手術することもなく、もう暫くの間、好きな寿司を食べて暮らせたのだろう」という台詞が浮かぶのである。

*一度、病院名を明記してアップしたが、考え直し、伏せることにした。

Category :  その他
tag : 
このブログにアクセス下さっている方々に、新年のご挨拶を申し上げます。

皆様方にとってよき年になりますことを。

RIMG3182-01_convert_20140103115724.jpg
昨秋のある日、嵐が去った後の空に架かった虹




RIMG3352-01_convert_20140103115538.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。