南の国の太陽、空の色の獅子

Category : 
tag : 
大多数の日本人にとって、桜(サクラ)といったら染井吉野(ソメイヨシノ)だ。
自分も長い間その1人だった。
長じて後、山桜を好むようになったが、それ以外の種類の桜に積極的に目を向けることはなかった。

新宿御苑は、「御苑の桜のベストシーズンは晩春(4月中旬~下旬)」と堂々と謳うほど、多種の里桜(サトザクラ)を擁している。
一度行こうと思いながら、毎年ソメイヨシノを見ると満足してしまい、続けて花見に行く意欲が湧かないまま年月が過ぎた。
今年ようやく、4月中旬に訪問した。

RIMG1621-01.jpg

RIMG1628-01_convert_20160530152717.jpg

なるほど、ソメイヨシノに劣らず艶やかに咲き誇っている。
御苑が胸を張るのは道理で、充分に美しい。

けれども、私が再び見に来ることはおそらくないだろう。

フゲンゾウやイチヨウの幾重にも重なった花弁は、昔ちり紙で作った花を連想させた。
「人工的に作り出した」感が強すぎる。作為がいやらしさになる一歩手前。

東京で見られる主なサクラ(早咲きから遅咲きの里桜まで)をひととおり見ての私の好みは、
1に、山桜(ヤマザクラ)
2に、大島桜(オオシマザクラ)


オオシマザクラは、自宅の近く、定期的に通る公園に植えられている。
冬に小さなつぼみをみつけ、大きくなっていくのをみつめ、花が咲き、散り、実がなり、葉が茂り、紅葉する姿を、好んで眺めている。

ソメイヨシノとは異なる種類の桜であることは判った。
ソメイヨシノより少し早い時期に花が咲く。
花弁はソメイヨシノより大きく、白い。

ソメイヨシノとの最も大きな違いは、花と同時に緑の葉を出すこと。
瑞々しいみどりの葉と真っ白の花が共にある姿が、私の好みに沿った。

名は、長い間、知らなかった。
知りたいと思わなかった。
美しいと感じ眺めているだけでよかった。

正確に名を認識したのは、最近のことだ。

新宿御苑から帰った後、種類を把握しようという気が湧き、サクラに関する本を図書館で数冊借りた。
そこで初めて知ったことは、

植物分類学上、日本にある桜の種類は、10(あるいは9)種

ヤマザクラ、オオシマザクラ、カスミザクラ、オオヤマザクラ、マメザクラ、タカネザクラ、チョウジザクラ、エドヒガン、ミヤマザクラ、(カンヒザクラ)

これ以外の桜はすべて、雑種や変種。
ソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラの雑種。
枝垂れ桜は、種でみればエドヒガンで、枝垂れるという性質を持ったもの。野生にはなく、栽培されて全国各地に広まった。
新宿御苑にある八重咲きの栽培品種は、オオシマザクラが母体。

10種のうち、自分が名も実物も知っているのは、ヤマザクラ、オオシマザクラ、エドヒガン、カンヒザクラ。
残り6種は判らない。

本に掲載されている写真を見ていて、「ん?」となった。
「カスミザクラ」の写真が、私が以前心惹かれた花に似ている。

2008/04/14  白い花
この写真の花の名は、「エゴノキ」ではない。
そのことに、まもなく気づいたが、正しい名はわからないままだった。

2冊の図鑑の「カスミザクラ」の写真は、似てはいるが、間違いなく同じにはみえない。
特に葉の形が違うような気がする。
ネットで画像検索すると、花も葉も違ってみえる。

こうなったら実物を確認しよう、と記憶を辿って公園に探しに行った。
ところが、みつからない。
たしかこのあたり、と思った場所にある樹木に掛かっているプレートに記された名は「アンズ」。
アンズの花は知っているので、見間違いはしないはず。
場所の記憶が誤っているのだろう。8年前では止むを得ない。

もやもやしていたところ、予約順が回ってきて借り出した「桜 (岩波新書)」(勝木俊雄)の口絵のカラー写真に、目が釘付けになった。
掲載されているカスミザクラの写真が、私の撮ったものと非常に似ている。
花の形、葉の形、枝の形、そっくりだ。間違いない。

なぜ、他の画像では異なってみえて、なかなか確認がとれなかったのかも、この本の中の記述で理解できた。

「カスミザクラは、その古風な名称とは異なり、存在自体が認識されるようになったのは比較的新しい」

「カスミザクラの認識が混乱している理由のひとつは、その形態の差異が大きいことが考えられる」


疑問が解決してすっきりしたが、もうひとつ気づいた点がある。

ヤマザクラ、オオシマザクラに加えてカスミザクラが好みという私は、「人が手を加えていない、自然のままの桜が好き」といえそうだ。
人々は昔から、「より魅力的」な品種を求めて、様々な種類の桜を作り出し、育て、努力をしてきたのだが、私は、「栽培品種はけっこうです。野生のシンプルな木がいいです」ということらしい。

本書の著者は、多摩森林科学園のサクラ保存林で研究・保全を担当している研究者で、記述の内容には説得力がある。
自分が初めて知る知識が満載で、世に流布しているソメイヨシノについての通説に対する反対意見なども興味深く読んだ。

個人的に最も好きな野性の桜はカスミザクラだそうだ。
あまり目立たずひっそり咲く佇まいが好きだ、と。

スポンサーサイト
Category : 
tag : 
RIMG2368 (2)

木場公園のマルメロ。今はビワのような感じである。
どこまで育つだろう。

4月、花


Category : 
tag : 
そのうち行こうと思いながら、先送りにし、行ったことのなかった清澄庭園。
花菖蒲が見頃とのことなので、「じゃあこの機会に」と出掛けた。

こんなにいい所と思わなかった。
まこと、写真だと判らない。思い出せば、東御苑も六義園も、最初に行ったとき、同じことを思った。
どうやら自分は、景色の一部を切り取った二次元の写真では、公園・庭園のよさを認識できないらしい。現地に身を置かないと、心地よさを感じ取ることができないのである。

RIMG2381 (2)

*夕刻で光が足らなかったらしく、写真はボケボケの大失敗。何もないよりまし、という程度。

庭園の敷地はさして広くない(六義園より狭い)が、敷地の大部分を占める池が広い。そして、通路が水際に設定してあり、水面に近い場所にいられるのが特徴。
南側を向けば、上の写真の通り、背景にビルはなく、広々と気持ちよい。
聞こえるのは鳥の声。見れば、目の前をカモがすいすい泳ぎ、少し向こうの島にはサギが降り立つ。

池の中には、巨大なコイと、カメが大量にいる。人の姿をみると餌をもらえると思うらしく、コイが大挙して岸に寄ってくる。
「怖いくらい大きいですね」「六義園には、こんなに大きいのいませんよね」
眺望に恵まれた岸辺の石のベンチで居合わせた、やはり初めて来訪したという方と会話を交わす。

RIMG2390 (2)

花菖蒲田は、池の南側、敷地の南端にあった。花そのものは、東御苑の方が、よく手入れされ、密集し、レベルが高いが、「風景として」は、此方の方が好ましい。
「特等席ベンチ」があり、あそこを確保できれば、いうことなし。
ベストの構図と思って撮ったのはボケて失敗してしまったのが残念。(上は、少しましに写った別の構図)

季節が変わったらまた来よう。
Category : 
tag : 
RIMG2338 (2) 
東御苑・二の丸庭園

Category : 
tag : 
先月、アップしそこねたもの。

なかなか見事な白のライラックがあるという話を読み、探しに行った木場公園で、先に目に入った白い花。
見覚えのない木だ。「何だろう?」と近づいた。

RIMG2049 (2)

プレートに記されていた名は、「マルメロ」。

これがマルメロか。

自分がこの固有名詞から連想するものは、ひとつしかない。
ビクトル・エリセの「マルメロの陽光」である。

秋になれば、実がなる。
見に来よう、と思った。